働きたい時代がやってくる?お金の経済が終焉しハイテクノロジー社会へ

働きたい時代がやってくる?お金の経済が終焉しハイテクノロジー社会へ

はいどうも!

「働きたい!!」とは全く思っていないオッサンの僕です。

この世の中に働きたくて仕方がない!と思っている人って何人い知るのでしょう。

僕の知る限り僕の周りには1人もしません。

みんな働きたくないと思っていても働かなくてはいけない。

それはみなさんがご存じの通り、この世界は貨幣経済だから。

働かなくては食べていけない。

もちろん一生分のお金をすでに稼いだ人は働かなくても良いかもしれませんが、そんな人はごく一部です。

なので、ほとんどの人は一生働かなくてはいけません。(年金もいずれもらえなくなるしね)

ですが、もし働かなくても良い世界が実現出来たらどうしますか?

働かなくて良い社会は実現可能か?

働かなくて良い社会・・・

妄想してんじゃねーよ、ボケ!と言われそうですが、実現は可能だと僕は信じています。

それは「AIが・・・」とか言うと思ったでしょ?

いえ、違います。

それは今世に出ていないハイテクノロジーが貨幣の必要性を無くします。

こんな事を書くと余計に寝言を言ってんじゃね~よ!という声が飛んでくること間違いなしですが、それが全てを変えていくと信じています。

ここでは念のため断言はしません。

起こらなかった時の責任は取れませんし、僕自身も半信半疑なので。





以前書いた「お金の必要ない社会は実現可能か?」では、人工知能やロボットが人間の仕事を担うと書きましたが、最近では違うのではないか?と思い始めたので、その理由をお伝えします。

※もしかしたら人工知能やロボットも仕事をする可能性もありまが、人工知能やロボット自体が必要のない世界になる可能性もあるのかなと感じています。





さて、それではなぜハイテクノロジーが貨幣経済の必要ない社会をもたらすのかと言いますと、まさに労働の必要のないテクノロジーがこれから出てくるかもしれないからです。

それを知ったのは去年公開された映画「Above Majestic」という映画です。

この映画では「デイビット・ウィルコック」さんが司会進行して、これまでの信じられない歴史や経済、現在知られていないハイテクノロジーの情報がたくさん出てきます。

もちろん画像や動画が出るものもありますので、疑う余地も無くなると思います。

ただ、物凄い先進ハイテクノロジーの映像は出ないという残念な事になっていますので、ハイテクノロジーに関する情報はちょっと信憑性に欠けるかもしれません。

が、テクノロジーに関する事で、トランプ大統領が興味深い事を言っている映像がこの映画に出てきました。




トランプ「我々は新しい黄金時代の誕生に立ち会っています。宇宙の神秘を解き、地球を惨めな疾病から解放し、未来のエネルギーや産業技術を利用する準備ができています。」

vimeo avobe Majestic」より引用





話の内容は薄いですが、何か大きな未来が待っている事を思わせます。

とは言え、トランプの言っている事ですから日本の方は信じない方も多いかもしれませんが、アメリカではトランプ信者多いですからね。

もちろん僕も基本的にはトランプ信者です。(トランプ自体が実権を握っているわけではありませんが)

これから世に出てくるかもしれないハイテクノロジーとは?

映画「Avobe Majestic」に出てくるテクノロジーは「フリーエネルギー」や「半重力装置」くらいですね。

僕はこの映画で、もっと凄いテクノロジーが出てくる事を期待していたのですが、この映画ではこれまで世界の裏側で何が行われてきたかに重きを置いて説明されているので、その点は期待外れでした。

この映画に出てくる話はほとんど知っていましたから。

世界の裏話に特化した初心者向けの映画と言えるかもしれません。





この映画ではテクノロジーの話がほとんど出てこなかったので、僕が調べた一部のテクノロジーを例に挙げてみたいと思います。(本当にあるのかはわかりません)

・瞬間移動装置・タイムトラベル

・食べ物や機械などを生成する装置(3Dプリンターみたいな物かな)

・ヒーリング装置

・人を操る装置(良い装置ではありませんね)

・空中投影技術

・年齢退行技術

等。

すみません、僕、あまり知りませんでした( ;∀;)





これらを見るだけで映画の世界のようですが、これらが本当に実在するならば早く全国民が使えるようにしてほしいものですが、今年中にこれまで隠されてきた先進ハイテクノロジーが開示されるという事を言われていたので楽しみであります。

が、これまでこういった話が出ては消え出ては消えを繰り返してきたので、正直そこまで期待していない自分がいます。

できる事ならば世に出てきてほしいものですが、どうなのでしょう・・・

もし本当にこういったハイテクノロジーが存在すると仮定して、どうすればこういった技術が当然のように使えるようになるのかを考えると、やはり今の古い経済は破壊させるしかないのではないかと思います。

その為には同盟の勝利しかないのかなと。

同盟が本当に世界平和を目指しているならばの話ですが。




同盟の勝利の日は本当に来るのか?」で書きましたが、結局去年は犯罪者の大量逮捕も起きませんでしたし、株式崩壊も起きませんでしたので正直信じられなくなってきてます。

結局さ僕らも行動しないといけないんじゃないですかね?

何をするべきか・・・

それは書けません、書けるわけがありません、悪しからず。(皆さんも何となくわかっているはずです)



お金の経済が全てをダメにする

今の社会ってさ、お金が無いとダメじゃん。

その事に関して何も自分で調べていない人からすればそれが当然と思うわけですけれども、お金が全てをダメにしてしまうんですよ。

なぜかと言えば、お金が無ければいつまでも働かなくてはいけないし、お金が暴落してしまえば何も買えなくなってしまうから、お金って常に流動的で不安定なんですよね。

その原因を作っているのが一部の超金持ち一族です。(通貨発行権を握っている人達)





極論に聞こえるかもしれないですけど、ハッキリ書かせていただきます。

お金っていうのは言わば発行権を握った人たちの支配の道具に過ぎないんですよ。

だからこそお金の経済というのは全てダメにするわけです。

これは僕らがダメにしているわけではなく、発行権を握った超権力者がわざと経済危機を作り出して→好景気を作り出して、を繰り返して経済を安定させないわけです。

その理由は映画「Above Majestic」を見れば理解できると思います。

もちろん自分で調べても答えに行き着けると思います。

理由は書きません。

なぜかと言えば、理由がぶっ飛び過ぎてて自分で調べないと理解できないんじゃないかと思います。

正直僕も、ガッチリ信じて良いのかわからないです。

そればかりは個々の判断に任せるしかありません。

それくらいぶっ飛んでいます。





だからこそお金の経済を終わらせる必要があります。

もちろん世界平和を願っている人が発行権を握れば貧困層と富裕層の2極化な世界にはなっていないはずですけどね。

とは言え、世界平和を願っている人が発行権を握れば、ハイテクノロジーが表に出た時点でお金の必要性が無くなるでしょう。

ここまで来れば奴隷労働からは解放される事になる思います。

最後に

先進ハイテクノロジーが世の中に行き渡ったら働く必要が無くなるので、逆に「働きたい・・・」と思う人も出てくるかもしれないですね( *´艸`)

これは本当に起こってほしい。

マジで頼むよ。。。

それでは。

経済カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ