真実の情報を知る事は不可能?情報過多の蟻地獄

真実の情報を知る事は不可能?情報過多の蟻地獄

はいどうも!

情報過多すぎて、蟻地獄から抜け出せないオッサンの僕です。

最近はテレビ・新聞・ラジオ・ネットななど、様々な所から情報を得る事が出来ます。

本当、凄い時代になったものですね。

その反面、どの情報が真実なのかを見分ける事が非常に困難な状況であると感じます。

 

僕は基本的にテレビや新聞からはほとんど情報を得ないので、ネットや書籍が僕の情報源になっています。

毎日のようにネットなどから情報を得るのは良いのですが、正直どれが真実の情報なのかわからないままに自分なりに情報を振り分けて、さらに時間をかけてその情報が真実であったのかを検証しつつ今に至っています。

そこで思う事は、どれが真実かハッキリ言ってわからないという事です。

できるだけ認知的不協和に陥らないように気をつけているつもりですが、どうしても僕が信じたい情報に偏る傾向があります。

 

その結果、正しかった情報もあれば間違った情報もいっぱいありました。

こればかりは超能力者でもない限り真実を見分ける事は不可能です。

 

僕はいろんなジャーナリストなどのブログやユーチューブ動画や書籍を読みますが、人によっては情報が二転三転するのが当たり前だったり一貫していたりと様々です。

「情報が一貫している」のと「二転三転する」のと、どっちがより正確な情報かといいますと、どっちもどっちです。

それは日本人や海外の方のどちらにも言えます。

 

情勢というのは流動的ですのでその時その時でいくらでも変わって行くので、予測が外れる事はしょっちゅう。

そうやって僕の心の中は「また予定通り行かなかったのかよ・・・」と絶望に明け暮れる日々です。

僕はこれまで様々な情報に踊らされて生きてきました。

それは皆さんも同じことです。

そこは各々で気づいている人もいれば、気づいていない人もいるでしょう。

なんやかんやこの世の中は騙される事が多いです。

 

一般庶民には当然の如く知らされない真実。

いっそのこと何も知らない方が幸せなのかもしれないですが、知らなければ大変な事が起こった時にはすでに取り返しがつかない状況にもなり得ますので、やばい状況に立たされて初めて自分の置かれている状況に気付かされる事になります。

何も考えていない方は気づいていないと思いますが、僕らはみんな常に岐路に立っているのです。

また明日いつもの毎日が訪れる保証はどこにもありません。

最近の僕が得ている情報は様々な方向を向いていて、どれを信じたら良いのやら判断に苦しみます。

なので、僕の記事は幸せな世界が来る可能性と、最悪な世界が来る可能性という、真反対の情報を書いています。

 

今の現状はまさに情報の蟻地獄で、もがき苦しんでいる状況です。

 

いろんなブログなどを見ると、自分の未来予測に自信をもって発信されていますが、僕は僕自身が振り分けた情報に自信をもつことはできません。

なぜなら不確定要素が多すぎるからです。

先程も書いた通り、情報に踊らされて生きてきましたから。

なんかすみません、今回の記事は中身のない内容ですね。

 

記事を書いているうちに何を書きたいのかわからなくなってきましたが、真実って何なのでしょうね。

この世界はオオカミ少年だらけに見えて、わけがわからなくなってきました。

 

これが権力者側の策略なのかもしれません。

情報をたくさん流して混乱させてどれが真実かわからなくするというね。

だからと言って、これからも真実がどこにあるのか調べ続けますけどね。

 

なんかめちゃくちゃな記事になってしまってすみません。

それでは。

陰謀系カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ