本当の幸せとは何?お金?愛?家族?

本当の幸せとは何?お金?愛?家族?

はいどうも!

本当の幸が何なのか全くわからないオッサンの僕です。

皆さんにとって幸せとは何でしょうか?

様々あるでしょう。

「裕福な生活」「恋人」「家族」「愛に溢れた生活」など

心の中でそれぞれの価値観の元、幸せと感じているのだと思いますが、これって本当に幸せと言えるのでしょうか?

過去の自分を思い出してみましょう。

恐らく家族や友達や先生などに色々な影響を受けて育ってきた事でしょう。

 

影響を受けてきたことによって、皆さんの思考は確実に塗り替えられてきている。

つまり真っ新な思考で大人になる人はまずいない。

本当の幸せとは何?お金?愛?家族?

これらの事を考えると、本当の幸せとは何なんだろうか?

以前「長生きする事が本当に良い事なのか?疑問の2文字しかない」でも書きましたが、メディアが「長生きするために○○しよう!」的な事を発信するじゃないですか。

さも長生きが良い事のような雰囲気を醸し出して。

果たしてもそれもどうなのかなと。

 

長生きすればする程、楽とは言えないんじゃないかなと思うわけです。

体は言う事をきかなくなってくるし、考える力も衰えてくるから騙されやすくなってくるし。

老後の生活が必ずしもその人にとってより良い生活ができているのかと言えば、実際そうでもなかったりする。

理由は様々。

 

国民年金しか支払ってこなかったからカツカツな生活しか送れないとか、旦那や奥さんに先立たれて寂しい生活の日々を送っているとか。

もちろん悠々自適に暮らしている人がいるのも事実。

悠々自適に暮らしていたとしても、本人はどのように感じているか実際の所わかりません

 

少しは話がズレましたが、ここからさらに掘り下げてみ考えてみたいと思います。

幸せという言葉自体が何か意図的に作られた言葉なのではないか?と考えが浮かんだんですね。

何か陰謀論的思考になってしまっていますが、すみません (/_;)

 

どういう事かと言いますと、この世界というのは苦労が多いじゃないですか。

なので辛い事もあれば良い事もあるという「苦あれば、楽あり」じゃないですけれども。

「人生辛い事だけじゃないよ♡」という事で、その為の目そらしの為に幸せと言う言葉を作って、幸せという概念を植え付けていったのではないかと思うわけです。

 

もし本当に幸せという言葉が意図的に作られたのでないのであれば、本当にこの世界にこの概念が実在するのであれば僕たちが思っているような固定概念の中には本当の幸せは無いのではないのかと思うわけですよ。

タイトルにも書きましたけれども、「お金」「愛」「家族」など様々ありありますが、それで実際に幸せを感じているのかと言えば感じている人もいるでしょう。(幸せという固定概念の中で)

ですが、感じていない人が多くいるのも事実なんですよ。

 

それを考えた時、幸せという言葉は何かの意図があって作られた言葉ではないのかなと。

幸せっていう言葉って使い勝手の良い言葉ですから。

「これが幸せだ!」と皆さんの意識の中に植え付けてしまえば、「これが幸せなんだ!それじゃ~その幸せの為に頑張ろう!!」と自ら自己暗示をかけてそう思い込むようになるわけです。

そうやって僕たちをコントロールしていくわけですね。

 

と、いつもの陰謀論的な話になってしまっていますが・・・。

これは勝手に僕が思っている事ですので、スルーしてもらった方がいいのかもしれません。

それでは。

生きる事カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ