アボリジニとテレパシー。人間の超能力を引き出すテクノロジー

アボリジニとテレパシー。人間の超能力を引き出すテクノロジー

はいどうも!

やりすぎ都市伝説はとりあえず毎回観ているオッサンの僕です。

今回の「やりすぎ都市伝説2018年 夏」は関さんのコーナーが少なかったのでちょっと拍子抜けしてしまいました。

やりすぎを観る前の僕の予想は機械との融合を関連付けてくるだろうなとは思っていましたが、やっぱりそうでした。

最近のやりすぎ都市伝説は何かしら「マイクロチップ」とか「トランスヒューマニズム」をセットにした番組内容になっていますよね。

という事で今回のやりすぎ都市伝説について感じたことを正直に書いて言いたいと思います。

 アボリジニとテレパシーとワンジナ

アボリジニとテレパシー

今回の話で出てきたのは「アボリジニ」という5万年以上前からオーストラリアに住んでいる先住民族。

アボリジニは他の文明とは切り離された状況で生きてきたため、人間の潜在能力を失うことなく未だに操る事ができるという。

その潜在能力というのが「テレパシー」。

アボリジニの部族民全員がテレパシーを操れるわけではないようですが、操れるものは今でもいるという。

そしてアボリジニは自分たちの言葉を持っていないため、テレパシーによるコミュニケーションをしていたと言います。

ここで疑問。

自分たちの言葉を持っていないのなら今はどうやっているのだろう・・・

テレビでは普通にしゃべっているじゃないか。

そこら辺の説明が抜けているな。

ま、その点は置いておいて、アボリジニには超能力を扱える者もいるというから驚きです。

どのような超能力を使えるのかを言ってもらえるとさらによろしかったのですが、そこには触れず・・・

ワンジナ

※上の画像は僕が書いた絵なので似てなくて申し訳ないのですが、一応ワンジナの壁画をちょっとだけ模した絵です。

で、この壁画の宇宙人?はワンジナと呼ばれていて、ある日アボリジニの部族の前に突然現れて叡智をもたらしたと言われているとの事。

そしてこのワンジナには口がない。

その理由と言いますのも、コミュニケーションの仕方がテレパシーなので口がある必要もない。

前回のやりすぎでも出てきた世界最古の遺跡と言われているトルコの「ギョベクリ・テペ」の遺跡で発見された今の所人類最古と言われている人型の石像にも口が付いていなかったという事で、何かの関連があるのではないか?という雰囲気にテレビではもっていっています。

「ギョベクリ・テぺ」に突然現れたこの口の無い何者かはワンジナのように叡智をもたらしたという事でここにも共通点があります。

で、ワンジナは「天の川」から来たという。(天の川銀河という事やね)

ワンジナの主張は争い事をせず、尊敬して助け合う事が必要だと伝えられたとの事。

テクノロジーが超能力を引き出す

今、人工的に超能力を引き出そうと「イーロンマスク(テスラ)」や「マークザッカーバーグ(フェイスブック)」が研究に乗り出しているという。

以前「シンギュラリティーがあってこそのヒトラーの予言に繋がる?」で似たような事を触れたのですが、

人工知能を組み込んだマイクロチップを脳に埋め込んだ人間が、人工知能の急激な進化によって脳が活性化されて、脳の本来の能力を引き出すことで「常人にはできないような事をやってのけるようになるのではないか?」と思うようになりました。

人間は脳みそを「10%しか使っていない」なんて言われていますよね。

なので、その脳みそをさらに使えるパーセンテージを引き上げる事が出来たのなら、人間の能力は一般的に考えられている認識なんかには到底及ばない、まさに「テレキネシス」「サイコキネシス」的な能力とか、さらにその上を行く神がかった能力を開花させる可能性も否定できないわけです。

という事を書いていました。

これが人工知能搭載のマイクロチップによるものなのか、または違ったテクノロジーなのかはわかりません。

新たなテクノロジーは空想から生まれる物。

これまでテクノロジーは不可能と言われる事を可能にしてきました。

これからも研究者がいる限りテクノロジーは進化の一途をたどっていくでしょう。

これが単なる妄想なのか実際にあり得る話なのか。

どちらだとあなたは考えますか?

UFOに何度もアブダクションされた経験のあるジェーン氏

宇宙と交信できる「ジェーン・プーリー」氏。

ジェーンさんが初めてUFOを見たのが2歳で、赤ちゃん用のベッドに寝ている時に、横にリトルグレイが立っていて光のエレベーターみたいなもので宇宙船につれていかれたとの事。

その後何度もUFOにアブダクションされ、ジェーンさんにはマイクロチップが埋め込まれているとの事。(チップを埋め込まれたのが三度目らしい)

ここまで来るとUFO番組と大差ないですね。

どんどんそっち方面にまっしぐらです。

そして、ジェーンさんには宇宙人との子供が3人もいるとの事。

これはまさにこれまでのUFO番組でもあった話です。

宇宙人と地球人のハーフの子供を産んだという話はこれまでのUFO番組に何度か出てきた事はありますが、そこまで多くないですね。

ただテレビに出ていないだけで、実は多く実例があるのかもしれません。

最後に

関さんは最後に、

否定するのは一番簡単な行動だと気づいてください。

否定の先には未来はありません。

大切なのは受け入れた上で考え、感じる事なんです。

と言っていました。

つまり・・・

マイクロチップ入れてね♡

って事でしょうか?

関さんはどうしてもトランスヒューマニズムの方向に庶民を誘導したいようです。

それでは。

オカルト系カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ