地球の進化をサポートする使命のサアラさん。特殊な能力を持っても苦難な人生

地球の進化をサポートする使命のサアラさん。特殊な能力を持っても苦難な人生

はいどうも!

不意にどこからか声が聞こえたり(誰もいないところで)、不意に何かのイメージが伝わってくることがあるという変な体験をちょくちょくするけど、この経験を何にも生かせていないオッサンの僕です。

スピリチュアル好きの方は結構いらっしゃると思いますけれども、そういった方というのはいろんなスピリチュアル関連の本を読んだりブログを読んだりされると思うのですが、そのスピリチュアル系の情報を発信されている方で「サアラ」さんという方がいるのをご存じでしょうか?

そのサアラさんという方は何と・・・キリストの娘の前世を持つというから驚きです。

もちろん真偽はわかりません。

これを信じない方も多いでしょう。

スピリチュアル好きの僕も正直半信半疑でございます。

ですが、これまでいろいろとスピリチュアル系の本やブログを見てきましたが、この「サアラ」さんは僕の中では結構納得のできる話が多いので参考にさせてもらっています。

で、この方は生まれ持った特殊能力を持った方で、守護霊や幽霊の声を聴くことができて前世の記憶や自分の使命を知って生まれてきた方です。(守護霊とか幽霊という表現は厳密には違うのかもしれませんですが、この表現の方がしっくりくると思いましたのでこう書きました)

こういった特殊な能力を持った方のは勝手なイメージですが、さぞスムーズな人生を送ってらっしゃるのだろう!とか想像をしてしまうかもしれません。

が、「サアラさん」は生まれた時から苦難の連続で、お世辞にも華麗に大胆に使命を全うしているという事はありません。

むしろ泥臭く、普通の人よりも苦労人な生きざまです。

という事で今回は、特殊能力を持ってこの世に生まれてきた人は結構は苦労人だったりするという事を書いていきたいと思います。

これまでのサアラさんの人生

まずサアラさんがどんな人生を送ってきたのかを短くまとめてみたいと思います。

 

・この世に生まれて赤ちゃんの自分の姿を天井から見てまずビックリ!

こんな姿で使命なんて果たせないじゃないか!と意味で

 

・物を食べる、歩くことにビックリ!

サアラさんは物を食べる概念がないとの事で(これまでの前世では食べる経験がなかったという事)、物を食べると体が拒否反応を示すのだとか。

そして、これまで人生では歩くという事が無かった模様。(これも前世の話)

 

・10歳まで生き物の形を普通に認識できなかった

普通の人は生き物は普通に人間は人間、犬は犬のようなに識別できるのが普通ですが、サアラさんは何かの光のようにしか見えなかったらしく、小学生の頃自分がいじめられていたにも関わらず、その事にも気づけなかったのだとか・・・

で、10歳になったら普通の3次元の世界を認識できるようになる。

 

・体にいろんな異常が出る

心臓麻痺を起こして「てんかん」と診断されて薬を飲んで症状は治まったものの、鬱に悩まされる。

 

・36歳の時に離婚を強制される

今すぐ離婚しないならすぐ死んで生まれなおしてくれ。

タイムリミットだ!

という声が聞こえ、心臓が止まる。

魂が自分の体から出て行って自分の使命を思い出すが、今後の生活を心配したらまた心臓が停止する。

そこから自分の使命を全うする決意を固める。

 

と・・・

大分ざっくりですが、これがサアラさんの生きざまと言いますか、人生です。

ヤバくないすか?これ。

日本人の普通の人生送った方が大分楽ですよ。

特殊な能力を持ったら「人生ウェーイ!」に生きれるイメージを持った自分が腹立たしい・・・

こんなにも苦労されてる。

僕の人生なんて何もやっていないのと一緒だよ”(-“”-)”

なんだろ、自分が恥ずかしくなってきた・・・

こちらがサアラさんです。

 地球の進化をサポートする使命のサアラさん

こんな苦労人な人勢を送っているサアラさんですが、その使命というのが「地球の進化をサポート」というから何とも壮大です。

地球の進化ってどうやったらサポートできるの??

という疑問が浮かぶのですが、僕には知る由もありません。

これからも苦難・苦難の連続でしょうが無理せず・・・・とはいかないのかもしれませんが、辛い事ができるだけ無いように祈っております。

最後に

本当にただ何となく人生を生きている僕らって何なんだろう・・・

ネットではアフォが悪口書いたりしてあざ笑って・・・

そんな人が非常に多い。

あ・・・僕も少しは悪口をこのブログで書いているか。

人の事言えね~な( ゚Д゚)

もっと自分と向き合ってみようではないか。

それでは。

スピリチュアルカテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ