なぜ人は働く必要があるのか?なぜお金が無いと生活できないのか?

なぜ人は働く必要があるのか?なぜお金が無いと生活できないのか?

はいどうも!

お金の為に働くことに飽き飽きしているオッサンの僕です。

みなさんは働くことは好きですか?

仕事が生きがいという人もいるのでしょうが、多くの人が「働きたくない・・・」と思っているのが実情ではないしょうか。

でも嫌々でも働かなくていけない。

なぜでしょう?

皆さんもわかりきっている、お金が無ければ今の世界では生活が成り立たないから。

だからこそ働きたくなくても働かなくてはいけない。

一生働かなくてもいいくらいのお金を稼いだ人であれば、心に余裕をもっているでしょから(みんなとは言いませんが)「お金・・・お金・・・」という事を考えないでしょう。

ですが、ほとんどの人は(ある程度の稼ぎがある人でも)お金の事が頭から離れる事がなく、何かのタイミングでお金が無くなる恐怖が自分のすぐ後ろを後追いしてきます。

そしてお金という恐怖に翻弄されないためにやりたくもない仕事をしてお金を稼ぎ続けます。

ここで疑問に思います。

なぜお金を稼ぐ必要があるのか?と

なぜお金を稼ぐ必要があるのか?

答えは子供でも知っていますね。

お金が無ければ何も買えないから。

だからこそお金を稼ぐ。

ですが、疑問に思いませんか?

なぜお金を稼がないと生きていけないのか?と

「お金が無いと何も買えないからでしょ?」という声が聞こえてきそうです。

そうですね、その通り。

が、視点を変えて見てみてください。

なぜお金が無いと物を買えないのか?

昔は金や銀や銅や石などがお金の役割を果たしていたのですが、それらは持ち運ぶのが大変なので紙幣や硬貨に変わっていった。

それはわかるのですが、そもそもなぜお金という概念があるのか?

それは物をお金で公平に交換するためにはうってつけだから・・・

というのが一般的な解釈ですが、それはお金が無くてもできるんじゃね?と僕が思うのは何も考えていないアホな思考ですか?

僕はできると思います。

もちろんすぐにお金での取引を無しにすることはできないでしょうが、これまでの社会の循環システムを変えていけば可能であると僕は思っています。

それは全てやり方次第。

逆に考えてみてください。

今世界に流通している貨幣での取引は本当に公平な取引ができていると言えるのでしょうか?

物の値段何ていくらでも操作可能です。

例えば、農作物が豊作過ぎると値段が下がる為に値段を上げるために破棄します。

ブランド物だって店頭で売られている価格と実際の原価を調べてみると正直疑問が浮かぶくらいに価格差があります。

「人件費がかかるから仕方ないんだよ!!」とか言われそうですが、それは違います。(もちろん人件費も関係あるとは思いますが)

広告費が高いから高くなるのだそうです。

つまりブランド物なんて名前ばかりで、品が別格に良いから高いというわけではありません。(わかってらっしゃる方も多々おらるでしょうが)

突っ込む所は他にもありますが、それでも公平にお金で物の取引が行われていると思います?

そもそも公平な取引って何?と思っていまいます。

お金は公平に取引できる素晴らしツールだと思わされているだけの事でしょう。

お金はなぜ生み出された?

それではなぜお金は生み出されたのでしょう。

「公平に物を交換するために・・・」そんな表向きな話はどうでもいいです。

大切なのはその本質です。

僕が思うに、お金を生み出した理由は世界を思い通りに動かす為に生み出されたのではいか?という事です。

は?と思うかもしれせんが、今の現状を見ると非常にわかりやすい。

皆さんが稼いだお金はどこにいくでしょう。

まず税金や消費に行きます。

買い物をした店にお金がいき、それも税金として一部国に自動的に徴収されます。

税金は国の社会保障となる部分もあるのですが、恐らくそのほとんどが(何百兆という莫大なお金が)海外の貴族、王族にお金が上納されます。(もちろん日本の皇族にも)

で、最近問題になっている水道民営化問題(メディアでは取り上げていませんが)

水道を民営化してしまうと外国の投資家に株をかなり買われてしまいます。

そうするとどうなるのかと言いますと、その外国の投資家の意見に逆らう事が出来なくなります。

そして否応なく外国の投資家の命令で水道料金を上げてくる可能性が高いです。

外国でも水道の民営化をしたせいで、水道料金が数倍にも膨れ上がったという事実があります。

お金を商品売買のツールにしておけば吸い上げているトップの超権力層は働かなくても自動的にお金が入って来て、下々の労働者はお金を稼ぐために人生のほとんどを労働に費やすことになります。

先程も書いた通り、お金は世界を思い通りに動かすために生み出されたと考えてもあながち間違いではないと思います。

超権力者はお金を発行する権利も持っていますから、何とでもできますよ。

最後に

今回の内容はあくまで僕が個人的に出した結論ですので、実際の所はわかりませんし「お金は世界を支配するために生み出された」という証拠もどこにもありません。

なので、「アホがなんか言っているw」くらいで読んでもらうと丁度いいのかなと思います。

それでは。

 

生きる事カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ