NEM(ネム)の流出は自作自演?コインチェックは終わりを告げるのか?

NEM(ネム)の流出は自作自演?コインチェックは終わりを告げるのか?

はいどうも!

仮想通貨に興味はあるけど、未だに投機に踏み込めないオッサンの僕です。

それにしても連日のコインチェックのNEM(ネム)流出問題、怖いですね。

僕も一応コインチェックの口座開設はしているのですが、入金はしていませんでした。

結果としては良かったなと思っていますが、こんな事があると他の取引所は大丈夫なのか!?と不安になってしまいます。

そもそも仮想通貨の投機熱が上がり過ぎやで・・・

ま、それに乗じて僕も一山当てようとか考えていたのですが。

この仮想通貨熱はどう考えても裏に潜むお金持ちの影がちらほら見えてきてしょうがないのですが、今回は話題が違うので触れないでおきます。

で、ネット上でちらほら噂が流れている話がありまして。

この流出問題は自作自演なのではないのか?という話。

正直この辺は今の所何とも言えないのですが、このようなケースが過去にあったようなのでご紹介します。

マウントゴックス事件

 (Amazon画像)

マウントゴックスはカードゲームの「マジックザギャザリング」のネット上でのカード交換所だったですが、その後ビットコイン取引所として事業を始めます。

そしてビットコイン取引所としては最大手になったところまでは良かったのですが・・・

何を思ったのかマウントゴックスの社長は取引所のお金をポケットにしまい込みます。

つまり、横領って事ね。(ちょっと可愛く言ってみた)

表向きの発表ではサーバーがハッキング被害にあったという事でしたが、実際はマウントゴックスの社長が横領していたという話。

そしてその時に被害にあった方のお金は未だに返ってきていません。

これがマウントゴックス事件。

もしかしたら今回のNEM(ネム)流出問題もマウントゴックス事件のように自作自演なのでは?という話です。

NEM(ネム)の流出は自作自演?

正直真相はわかりませんが、なぜ460億円の返金をする事にしたのか?

そんな決まり事も無いですし、単なるお人好し?

よくよく考えてみると、580億円の流出で460億円返金て、残りの120億円はどうなるの?

という疑問が生まれます。

残り120億円がお財布に?

それはわからないところですが、その可能性は捨てきれません。

 

コインチェックは終わりを告げるのか?

なぜコインチェックに入金が出来るようにしてあるのか?

もし入金したとしても取引できないし、もちろん出金も出来ない。

そもそも入金する人いないでしょ、こんな時に。

これだけの事が起こってしまえば信用は失われるのは仕方のない事なのかもしれません。

今後のコインチェックの対応に注目が集まるところです。

投機カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ