猫と料理のコラボ動画がいつまでも見てられる!癒しを届ける「JunsKitchen」

猫と料理のコラボ動画がいつまでも見てられる!癒しを届ける「JunsKitchen」

はいどうも!

動物大好きなオッサンの僕です。

毎日の日課のユーチューブ動画を観ていたら、おすすめ動画に「猫にお手を教える」というものがあったのでクリックしてみたら、思わず見入ってしまった・・・

可愛いのなんのって。

「オッサンきもっ・・・」とか言わないで!

オッサンだって動物好きはたくさんにいるのよ!!

という事で、今回は癒しと料理の素晴らしいコラボ動画「Juns Kitchen」さんの動画をご紹介します。

 猫と料理のコラボ動画がいつまでも見てられる!癒しを届ける「JunsKitchen」

この映画のワンシーンのようなサムネを見ただけで思わずクリックしたくなりますが、動画を実際に観てみると最初に猫がお手をしている・・・

「猫ってお手できるんだ・・・」と知識のない自分を恥じましたが、教育すれば覚えるのですね。

知らなかった。

「お手=犬」という固定観念に支配されていました。

何はともあれお手をしている猫が愛らしい事この上ないったらありゃしない。

何とも上品な顔立ちと立ち振る舞い。

その後に登場する農道を走る自転車のかごに乗せた猫と、青々とした稲のバックがまた心癒される。

動画の撮り方がうまいです。

調理が始まっても猫はリラックスして「JunsKichen」さんの様子を眺めてる。

行儀がよろしいです。

頭良いんだろうな、この猫ちゃんたち。

こんな風に猫に料理を見守られてたら幸せやな。

語りは英語なのですが、撮影地は日本。

言葉が違うだけでこんなにも雰囲気が変わるんですね。

まるで外国にでもいるかのようです。

またまた素敵なサムネにつられてクリックしてしまったじゃないか。

桜景色に始まる猫とJunsKichenさん。

やっぱり動画の撮り方うまし。

嫌な現実忘れて見入ってしまうぜ。

そしてロウソクに照らされた薄暗いキッチンで猫に見守られながら上品に調理に勤しむ。

カメラ位置を変えながらしっかりと料理と猫の景色を演出しますね。

やっぱり動画の撮り方うまし。

で、ここまで来てやっとで疑問に思った。

なんで日本なのに英語をしゃべってるのだろうかと。

職業は翻訳家

職業は翻訳家なんだとさ。

なるふぉど。

こんなにイケメンで英語が話せるとか、スゲーな。

こんなのモテるに決まってるだろ!とか不細工なオッサンの僕はねたみが沸々と湧いてきたわけですが、動画を観てると薬指にリング。

そりゃそうやな。

こんなんモテるわ。

奥さんはアメリカの方

き、き、きれいやないか。

ジュンさんの奥さん「レイチェル」さんはアメリカ人で、上の動画がお二人のチャンネル。

「Rachel & Jun」というアカウント。

仲睦まじいお二人じゃありませんか。

最初は猫につられて観た動画だったのですが、ここまで調べるとは思いもしませんでした・・・

それにしてもお二人の動画もジュンさんの動画もチャンネル登録者数が100万超え。

凄いとしか言えん。

登録したい気持ちもわかります。

僕は思わずチャンネル登録してしまったぜ。

最後に

猫の動画を見るはずが、ジュンさんを調べ、レイチェルさんを調べ・・・

いつの間にかファンになってもうたやないか!!!

それでは。

YouTubeカテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ