自動ブレーキの誤作動で事故!?先進技術が思わぬ危険を招く

自動ブレーキの誤作動で事故!?先進技術が思わぬ危険を招く

はいどうも!

自動ブレーキシステムと聞くと「もしもの時に安心!」と考える方は多いのではないでしょうか。

僕もその一人で、最近までは特に起こり得る問題を考えていませんでした。

それが2012年から自動ブレーキシステムの件で国民生活センターに相談があるとの事。

事故対策の為に装備させた機能であるはずの自動ブレーキシステムが、誤作動を起こして事故にまで発展している事例があるというから人事では済まされない問題です。

スポンサーリンク

 自動ブレーキの誤作動で事故!?先進技術が思わぬ危険を招く

自動ブレーキシステムの誤作動で多いのが、

・急に加速した

・急に減速した

・予期せずブレーキが作動した

・急に停止した

など。

 

これらの事例を見るだけでも事故につながる可能性が考えられます。

急に加速したり急に減速されたら雪が積もってたと仮定すると、事故する可能性は飛躍的にアップしてしまいます。

普通に考えて圧雪した道路での自動ブレーキシステムは命取りになる可能性が高いので、みんなオフにするでしょうけれどもね。

 

で、自動ブレーキの誤作動の動画が無いものか?ということでユーチューブで探してみたらありましたので、ご紹介したいと思います。

前のトラックが左折してそのまま直進しようとしたら、前のトラックに反応して急ブレーキ。

追突事故になりかねないですね。

これだけで反応してしまうのだったら怖くて自動ブレーキオフにしないと危険です。

何これ?

対向車に反応するって・・・

これではカーブに差し掛かる度にビクビクしてなくちゃいけないではないですか。

先程の前車に反応して急ブレーキをしたのはまだわかる。(危険にはか変わりないですけど)

こんな緩やかなカーブで反応するのでしたら、もっと急なカーブだったら反応しまくりじゃないですか、きっと。

実際はどうなのか、わかりませんけれども。

この他にもガードレールに反応したり、何もないのにいきなり自動ブレーキシステムが作動したり、全く自動ブレーキが作動しなかったというケースもあるようです。

で、誤作動が原因で車にぶつかるなどの物損事故の事例も少なからず発生しているとの事です。

最後に

これらを見ると「自動ブレーキシステムの誤作動で事故った」というケースが少なからずあるので、早急な対策が必要です。

これでは自動ブレーキシステムが無い方が安全なのでは?と思ってしまうのは僕だけでしょうか?

もちろん自動ブレーキのおかげで事故が防げた事もきっとたくさんあった事でしょうが、誤作動が起こって事故が起こってしまえば全て水の泡となってしまいますので、不良品は販売しないように気をつけてほしいものです。

もちろん車の運転の際の過信もしない事は必要ですが。

自動ブレーキ搭載車に乗っている方は注意が必要なのかもしれません。

それでは。

カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ