デート代問題!なぜ男性は女性におごる必要があるのか?

デート代問題!なぜ男性は女性におごる必要があるのか?

はいどうも!

デート代問題は今後解決する事は無いと思っているオッサンの僕です。(お金自体がこの世から消えればまた別)

今も昔も必ずと言っていい程でる問題。

なぜ男性は女性におごる必要があるのか?

厳密に言えばおごる必要はない。

それでも男性は女性におごるのが常識的な認識である。

なぜ?

なぁぜ??

ぬぁ~~ぜ???

それはもちろん男性側にも原因がある。

それは男性のプライド。

それを逆手に取り、女性はいいご身分だ事。

もちろん女性みんながそうだとは言いません。

おごられるのが嫌な女性がいるのも事実。

という事で今回は終わる事のない「デート代問題!なぜ男性は女性におごる必要があるのか?」という事で僕なりに男女のデート代論争に切り込んでいきたいと思います。

そもそもなぜ男性がデート代を払う必要があるの?

もちろんカップルによってデート代の支払い配分は違うので、そのカップルによって完全に割り勘のカップルもいる事でしょう。(記念日は除いて)

凄い場合は女性ばかりが金を支払うというレアケースもある。

いわゆる貢ぐ女性というやつ。

 

でも・・・

でもっ・・・

デモやなぁ・・・・

なんだかんだ支払いの金額が多いのは明らかに男性。

それを女性は当然かの如く

いや・・・

女性側は財布を一応は出しておいて、男性側から「いいよ、出すから」の一言を待っている。

汚い・・・

秘儀男性のプライドくすぐり攻撃」が多くの男性を罠にはめる。

いやいいんだ!それでいいと思っている男性は。

が!

僕みたいにお金がない男性にとっては死活問題なのだ!

給料が少ない男性ならわかってくれるだろう。

毎日必死に働いてもあまりもらえない給料を何とか「気合で」「勢いで」「奮発して」女性に払わなければいけない。

これほど辛いものはない。

デート中はアドレナリンが出ているものだから、女性におごっている事にむしろ誇りさえ感じる。

そしてデートが終わって家路につくと、後悔の念ばかりがふつふつと沸き上がる。

最悪の場合「はぁ~、俺何の為に生きてんだろ・・・」とか思い始める始末。

そんな事を考えている事を女性側は気づいていないだろう。

いや、もしかしたらい気づいている人もいるかもしれない。

もし気づいていながらそんな事が平気でできる女性がいるとするならば、鬼畜以外の何者でもない。

とりあえず貢がせ女性は鬼畜って事でOK?

この記事を女性が読んでいたらどう思うだろうか?

ケチ野郎が!」と思う方が多いかもしれない。(もちろん男性側でも思う方はいるでしょう)

どっちがケチ?

自分はおごられて当たり前で、男性がお金を出し渋ったらケチ?

は?

どんだけお嬢様?

いや、お姫様?

そんなにいい暮らしをしてきたのかい?

大きなお城にでも生まれたのかい?

だからこそ下々の男性にお金を出してもらって当然という認識なんだね。

さすがや!!

生まれの違うお姫様方は感覚が違うぜ。

お金がもったいないから付き合わない男性

やっぱりこの世の中、お金が無ければ生きていけいないわけですよ。

なので、お金が無ければ女性と付き合いたいと思わなくなったりする。

僕以外の男性にお金が無くても女性と「付き合うか」「付き合わないか」を聞いたことはありませんが、「付き合わない」と判断をする男性は多いのではないでしょうか。

その理由は簡単で「デート代は男性が多く出さなくちゃいけない」という認識があるから。

だからこそ「お金が無いから女性と付き合わない」という判断は、僕からすれば真っ当な判断かなと感じます。

ですが、逆に女性はどうでしょう。

お金が無いから男性と付き合わないという判断をする人はいるのでしょうか。

僕は今の所見たことがありません。

もしかしたらいるのかもしれませんが、いるとしても圧倒的に少ないのではないかと。

なぜこんな事が起こってしまうのか。

理由は簡単です。

女性はお金が無くても男性におごってもらえばいいからです。

いつの時代もそう。

厳密には数千年前も女性がおごってもらって当たり前だったのかは知りませんが・・・

男性が女性に貢がなくてはいけない。

いわば「経済奴隷」です。

ま、言い過ぎな表現ですが。

これだけ男性が女性に貢いでいる現状なのにも関わらず、男性が女性に貢ぐのがあたりまえという一般常識。

世間的にはこの構図が男性が女性に貢いでいるという認識がないので、さらにたちが悪い。

ほんと世の中って常識に毒されているんだと気づいてしまう。

風習って怖いわ。

時代錯誤

やっぱ女性は「ケチやな」って思うのが正直なところ。

もちろんみなさんではありませんよ。

しっかりと考えてくれる女性がいるのもまた事実。

が、現実は厳しいよね。

でもさ、考えてみて?

今の時代は女性もガンガン稼ぐ時代ですから、あまり男性のお金ばかりに頼っていたらはダメじゃないかと。

男性が稼げないと「情けない」とか女性は言うじゃない。

ですが今は女性も稼げる時代。

時代は変わった。

でも、男性が稼げないと情けない。

それじゃ~あなたはどうなの?

女性も稼げる時代になったのに、男性ばかりに稼ぎを押し付けて自分は責任を負わないつもりですかい?

そして個人差はあるでしょうが、稼いでいる女性は稼いでいない男性を見下す傾向にある。

どちらにしろ男性が稼げないといけない。

古い時代の風習に取り残された古い考えの女性と男性。

男性側も気づいている人はいるんでしょうけれども、それを言うと批判されるから言わない。

いつの時代も強い男性が勝者。

弱肉強食やな。

弱者は消え去るのみ。

女性の言い訳

女性は言い訳がうまい。

もちろん男性にも言い訳がうまい人もいますが、女性の方が口がうまいと言いますか、悪賢さは女性の方が上の傾向にあるのかなと感じます。

その口のうまさを利用してよく女性は女性の立場を利用して言い訳をする。

化粧品

その最たるものが化粧品でしょう。

女性って化粧を言い訳にするじゃん?

お金がかかるという事でね。

化粧にお金がかかるのはわかる。

だったら化粧するの辞めれば?と僕は思うわけ。

それならお金も浮くでしょうに・・・

そんな事を言っても辞めないですよね、多分。

女性は美しく見られたいもの。

だからこそ女性の多くが化粧をする。

でもね、一度よく考えてみてよ。

それは単なる女性側の言い分であって、男性側からすれば知ったこっちゃないわけ。

もちろん化粧をしないとかわいくないから女性に化粧をしてほしいと思う男性は多いかもしれない。

ですが、それはカップルになってからの男性側の言い分。

その場合は男性側は女性の言い分を受け入れなければいけないと思います。

お金を多く払うという事でね。

では、先ほども書いた「女性は綺麗に見られたいもの」という事に焦点を当てて考えてみましょう。

 

★女性は「綺麗」に「可愛く」見られたい

男性がかっこよく見られたいのと同じで、女性は「可愛く」「綺麗」に見られたいもの。

だからこそ女性は化粧をする。

それはいいですよ。

でもそれを言い訳に「金出せ、ケチ野郎!」は違うんじゃないかと。

それは女性自身が好きでやっているわけであって、誰も女性に強制していない。

強制している場合は別(先ほども書いた、カップルの場合とか)

世間的にはある程度の年齢になると化粧してあたりまえな風習になりますが、それも決して強制ではない。

個々の自由。

で、そこで女性の得意な言い訳ね。

女性は化粧にお金がかかるから男性が「お金を多めに出すべき」または「おごるべき」という意見。

利己主義な考え方ですね。

利己主義とは、

① 自分の利益を最優先にし、他人や社会全般の利害など考えようとしない態度。身勝手な考え方。

コトバンク」より引用

そんな事を言うから「女性はわがまま」と言われるんですよ。(みんなではありません)

違う意味で言うなら「自分に正直」ともとれますが。

一般的意見に女性より男性が多めに出す事が普通と言われますから、それを引き合いに出す女性って・・・

汚い奴らだよね。(もちろん皆さんではありません)

男性側の身なりの金かけ具合

それでは男性側はどうかと言えば、女性よりも身なりにお金をかけている人は圧倒的に少ない傾向にあるかと。

だからと言って女性が言い訳してもいいとは言っていません。

それでは仮にですよ?

もし世の男性がみんな化粧品にお金をかける時代が来たとします。

で、男性側も「俺だって化粧品にお金がかかってるんだよ!」と言ったとします。

女性は男性にどのように言ってくるのかを想像してみましょう。

「化粧しなきゃいいんじゃね?」と返ってくるのではないでしょうか。

ここで男性に女性が化粧を強制する場合は女性側の言い分は通らないでしょう。

男性が身なり、化粧にお金をかけた所で「それはあなたの問題」で片付けてくるでしょう。

それは女性にも言える事なのですけどね・・・

最後に

これらの話をまとめると「女性は利己主義であるという事です。(みんなではありません)

結婚して子供が生まれると比重は子供に行く事が多いようですが、それは結局自分がそうしたいからです。

それは悪い事ではありませんが・・・

男性っていろいろ責任を押し付けられるから、キツイ部分はあるよねって話。(これもみんなではありません)

恋愛等カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ