ブサイクでも女性にモテる方法はあるのか?

ブサイクでも女性にモテる方法はあるのか?

はいどうも!

ブサイクでモテないオッサンの僕です。

若い頃は(年取ってもそうかもしれませんが)

モテたい・・・モテたい・・・モテたい・・・モテたい・・・

と常に思っている男性は多いのではないでしょうか?(女性もそうかもしれませんが)

アラフォーオッサンの僕でもモテたらやはりうれいしものですが、若ければ尚の事。

そこで自分の顔を鏡で見てため息。

「俺ってブサイク・・・こんな俺にも好意を抱いてくれる人いたらいいな・・・」と希望を抱きます。

が!世の中ブサイクな人が特に何もしなければモテるはずもなく、彼女いない歴が増えていくばかり。

そこで考えるわけです。

「行動あるのみや!」と。

で、撃沈の嵐。

傷ばかりが深くなって「俺は一生一人者なのか?」とさえ思えてくる。

そこで思うわけです。

女性は「男性は顔じゃない」とか言うじゃない。

自分の現実を振り返ると「結局顔だろ?」と思ってしいます。

なんだかんだ言ってイケメンはモテる。

この悲惨な現実に長い出口の見えないトンネルを歩いているような気分になってきます。

で考えます。

「ブサイクな男でも女性にモテる方法はないのか?」と。

 ブサイクでも女性にモテる方法はあるのか?

それでは周りを見渡してみてください。

「カップルでもブサイクな男性はいないのか?」と言えば・・・・

いっぱいいるでしょ?

しかも綺麗な女性やかわいい女性と付き合っているブサイクな男性もたくさんいます。

そこら辺を歩いているブサイクな男性とブサイクな自分は何が違うのかと言えば、女性もそれぞれ好みは違うので一概には言えませんが、その男性には魅力があるからカップルになっています。

つまり、ブサイクでモテないと考えている男性は自分の魅力に気づくか、磨く必要があります。

様々な魅力

魅力の例を挙げてみます。

・話が面白い

・医者

・数打てば当たる戦法ができる鋼のハートの持ち主

・空気を読めて、がっつかない

・雰囲気イケメン(小綺麗)

・自信に満ち溢れている(自信過剰は除外)

・仕事ができる

・金持ち

等です。

この中にできそうなものはありますか?

もしできるのがあるのであれば、それを極めればいいと思います。

もしできないなら他にもあります。

それは・・・

楽器を弾け!

女性にモテる方法に一番破壊力抜群なのは楽器だと思います。

以前「ギターが弾けるとモテるは本当!?ブサイクな僕が経験を語る」でも書きましたが、僕が過去に経験した事でギターを弾いて歌っていたらモテたという事があります。

勘違いしないでほしいのですが、楽器が弾けるだけではモテません。

あなたが楽器が弾ける事をどこかの女性が知る必要があります。

なので一番いいのはギター片手にライブをする事です。

もちろんバンドを組んでライブをするのでもいいです。

楽器はギターに限った事ではありません。

ベースでもいいですし、ドラムでもいい。

サックスでもいいし、トランペットでもいい。

できる事なら女性受けのいい楽器の方がいいかもしれません。

ピアノやギターなら外さないかなと。

もちろんどの楽器でもいいですけど。

ただ自分に酔いしれるのはNG。

楽しく一生懸命に演奏しているのが好印象かと。

楽器は一押しですが、期待しすぎないでくださいね。

楽器をしていてもモテない人も実際にいますから。

「服装と髪型がダサい」というのが原因なのですけどね。

僕が実際に見た「楽器をしていてもモテない人」がそうでした。

女性の求めているものとは?

女性が好意を抱く可能性のある男性とはどういう人なのか?と言えば「尊敬できる人」が女性が求めている事の一つにあると思います。

と言いますか「尊敬できる人」というのは結構重要かなと。

女性って周りの目に敏感な人って多いと思います。

そういった時に周りの目から見て、自分の彼氏が自慢できるような彼氏の方が言いわけです。(みんながみんなそうではないです)

だからこそ「自分が尊敬できる人」がいいんですね。

もちろん人っていうのは理屈で人を好きになるわけではないので、尊敬できるというだけで好きになる事はあまりないでしょう。

「尊敬できるとか」、「楽器が弾けてカッコイイ」とか様々な要因が絡まって「本能的に好きになる」ということであると僕は感じています。

実際、女性がある男性と付き合っているとして「周りから見ても魅力的な人に映るか?」と言えば実際にはそうではない事が多かったりしますので、結局は本人さえよければ良いという事なんですね。

ま、現実そんなもんですよね。

人それぞれ感じ方は違いますから。(友達の彼氏を好きになるという話は置いておいて)

最後に

楽器はおすすめや!

もちろん身なりも気をつけてね。

それでは。

恋愛等カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ