人生は常に岐路に立っている!安定的な生活がしたい?は??

人生は常に岐路に立っている!安定的な生活がしたい?は??

はいどうも!

人生は常に岐路に立っていると常々思っているオッサンの僕です。

皆さんは今世界で何が起こっているのかを調べたことはあるでしょうか?

もし調べているのであれば、いつ何が自分の身に起こっても不思議ではない事を理解している事でしょう。

ちなみに、北朝鮮の事を言っているのではありません。

北朝鮮の事を連想した方・・・

もう少しいろんな情報を仕入れる事をオススメします。

そもそも僕は日本の大手メディアの情報は基本的に疑ってかかります。

なんか、本題からそれて行きそうなので、あまり深く書くのはやめます。

最近はフラストレーションが大分溜まっているので、毒づいた文章になると思いますがたまにはいいでしょ。

毒づきたくもなりますよ、そりゃね。

夢から目を覚まさない人が多いから。

 人生は常に岐路に立っている!安定的な生活がしたい?は??

いつも思うのですが、仕事していればなんだかんだ安定的な人生が送れると勘違いしている方が多いように思います。

女性であれば、「金持ちの人と結婚すれば将来安泰!」とか考える人も少なからずいるでしょ?

もちろんそれを完全否定はしません。

それで死ぬまで何不自由なく安定した生活を送れる人もいるでしょう。

ですが、世の中、いえ世界はそんなに単純なものではありません。

この世界は日本という国だけで成り立っているわけでなく、様々な国が複雑に絡み合って日本は今の現状にいます。

過去に経験したたくさんの戦争・大恐慌・自然災害。

これらは過去の遺物ではなく、未だにいつ何が起こっても不思議ではありません。

いつから日本人はこんなにも脳内お花畑の人が増えたのか・・・

答えは簡単、第二次世界大戦後です。

アメリカGHQのWGIPが原因です。

その事に気づいていない日本人が多いのはなぜでしょう?

それは未だにWGIPが日本に根付いているいい証拠です。

僕の周りにいるいい年したオッサン・オバサンたちは世間体ばかり気にしながら、常識通りに生きていれば幸せに生きていけると勘違いをしている人ばかり。

大手マスコミに頭が毒されているのがよくわかる。

そういった人たちに今何が起ころうとしているのかを少しでも助言すると、真っ赤な顔して反論してくる。

「テレビではこう言っていたから大丈夫なんだ!」とか「池上彰がこう言っていたからそれは間違いなんだよ?」とか・・・

どんだけ大手マスコミに毒されとんねん!とツッコミを入れたくなるけど、言ったところで意味がないところが悲しい。

大手メディアは本当に伝えるべきことを伝えないので、今の世界の状況を理解していない人が多いんですよね。

このままじゃ下手しなくても日本人にも餓死者が出てもおかしくないくらいの世界規模の経済崩壊が起ころうとしているというのに、把握していない人が多すぎると思います。

安定的な生活?は???!!!

今世界は大きな岐路に立ってるんですよ。

日本だって例外なくそれは訪れようとしている事にいい加減気づかなくてはいけない。

起こるまで気づかないんでしょうけど・・・

だからこそ僕は以前「世界の経済崩壊はいつ?間近であることは間違いなさそう」という記事を書いたり、常識のおかしさや矛盾点、TPPの危険性等々いろいろあるのですが、僕は(いろんな人がネット上で情報発信してくれています)様々な記事を書いて少しでも頭を使う人が増えてくれることを願っていました。

が・・・

僕の戦略がしょぼすぎて読んでくれる人が少ないという点から、僕の記事がネット上に埋もれてしまっているという情けない結果になっているのが現状でございます。(-_-;)

ま、ネットの性質上仕方ないと言えば仕方ないのですが・・・・。

知りたい人しか検索しませんからね。

Yafoo辺りが記事を取り上げる事があれば知る人も一気に増えるのでしょうけど、Yafooも下手に真実を取り上げようものならどこかから圧力がかかるから、そんな事はまずしないでしょう。

「TOCANA」というオカルトサイトは取り上げるのに、なんででしょうね?

ま、「TOCANA」はディスインフォメーション的役割を果たしているサイトと言えますから、取り上げるのだろうと僕は思っています。

しっかりといろんな事を煙に巻く手助けをしているという印象しか受けないですから「TOCANA」は。

話はそれましたが、この世界に生きている上で安定的な生活を一生送れるとか妄想を抱くのを辞める事をおすすめします。

聞いたことはありますか?

「平和は100年続かない」

いや、厳密には昔日本で何回か100年以上平和が続いた時代があったのですが、それでもほんの数回です。

2,3回?かな?

すみません、厳密に何回かはわかりません。

ま、真実はどうなのかわかりませんが・・・

歴史はだいぶ塗り替えられていると思っているので、今の僕らには真実は知る由もないです。

表の歴史上は平和が100年以上続いたことはあまりない。

これが本当ならば・・・

今年で第2次世界大戦から72年という事は、あと28年の間に日本で・・・いや、世界的に何か起こるかもしれない。

起ころうとしているんですけどね、先ほども書きましたけど。

上がり続けるアメリカの株式、債券市場。

ドイツ銀行のデリバティブ問題、イタリア銀行危機、アメリカデフォルト危機に赤信号、中国の経済危機・・・・・等々

いろんな有名な方が今の経済のやばい現状に警告を発しています。

それでも日本のメディアと来たら・・・・

何も報道しないときたもんだぜ!

もう世界的にドミノ倒しになってもおかしくないという状況です。

超不景気とか言われている日本なんてずっとマシですけど。

ですが、世界的な経済のドミノ倒しが起こればもちろん日本もガッツリ影響を受ける事になります。

だからさ・・・

備えとけって。

最後に

世界的な経済崩壊が起こった時に備えろ!準備はどうする?」で軽めに書きましたが、はっきり言ってどのように備えるべきか答えはわかりません。

一番いいのは自給自足できる状態である事だと僕は思います。

いよいよこの世界は大きな分岐点に立たされたと僕は思っています。

もちろん絶対に経済がハードランディングするとは言い切れません、ソフトランディングかもしれません。

が、僕はこのままではハードランディング以外の道はないのではないかと思っています。

メインタイトルからは想像がつかない方向に話が行ってしまいましたが、この世界というものはそういうものです。

絶対的安定なんて存在しませんので、いい加減お花畑脳から卒業しましょう。

以上。

経済カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ