関暁夫が語る「人工知能と仮想通貨]その裏にいる権力者の存在とは

   

 (Amazon画像)

はいどうも!

昨日なぜか以前書いた「都市伝説関暁夫さんはフリーメイソンの広告塔になったのだろうか?」という記事のアクセスが増えていて、もしかして昨日テレビで「やり過ぎ都市伝説やっていたんじゃないか?」と思って、調べてみたら案の定そうでした。

それにしても何で「いつも突っ込んだところまで言わないのだろうか?」と疑問に思うのですが、ま、彼はテレビに出ている以上、下手な事は言えないでしょうね。

もし下手な事を言えばテレビを干されるでしょうからね。

という事で今回は「関暁夫が語る人工知能と仮想通貨、その裏にいる権力者の存在」という事で記事を書いてみたいと思います。

と言いますか、いつも書いているんですけどね、裏にいる権力者の存在について。

それは日本の政治家ももちろん関わっていますし、世界の政治家や富裕層がモロに裏で糸を引いています。

それではその裏にいる権力者とは誰なのでしょうか?

スポンサーリンク

関暁夫が語る人工知能と仮想通貨、その裏にいる権力者の存在

結論は「世界の支配構造を陰謀論的・オカルト的に大まかに語ってみよう」でも書いているのですが、

 日本の首相

日本の官僚

アメリカ大統領

ロスチャイルド一族

裏○○

こんな風に書いています。

これがまさに世界の権力構造と言っていいと思います。

で、この記事で触れた「レプテリアン」についてはとりあえず、スルーしてもらっていいです。

オカルトを信じない人にとっては、絵空事でしょうから。

ま、過去の遺跡での発見を考えるとスルー出来ないんですけどね。

で、ここに書いた世界の権力構造はかなり大まかに書いていますが、本来はもっと様々な権力者がいます。

ですが、結構いるのでだいぶ省きました。

他にちょっとだけ名前を挙げますと「JPモルガン」「ゴールドマンサックス」「カーネギー」等々。

正直、名前を細かく書いてもわけがわからなくなりますし、僕自体理解していない事も多いですから、あまり書かないでおきます。

日本の政治家にも実は絶大な権力を持っている人がいるのですが、それも誰かは省きます。

怖いですから。僕が。

で、一番下に書いている「裏○○」。

これも怖いので厳密に書けませんが、日本国民ならみんな知っている存在の・・・・裏にいる超権力者達。

もし知りたいなら、「UFOを呼べるおじいさん」という事で日本のテレビ番組に出る事のある「坂本廣」さんのユーチューブ動画でも観てみてください。

でぼお雑用係」さんのユーチューブチャンネルです。

僕はこの人の話を聞いた時、マジでビビりました。

このおじいちゃんが日本の秘密組織の子孫である事に・・・。

知りたい方は動画を観てみてください。

「裏○○」という言い方はしていないかもしれませんけどね。

厳密には日本の秘密組織の名前を言っております。

もしかしたら「ロスチャイルド」と「裏○○」は同列の階級と言ってもいいかもしれません。

これらはの超権力者は結託したり、喧嘩したりを繰り返して今の時代まで権力を保ってきています。

今は敵同士の関係と考えていいですね。

そういった人たちが裏で人工知能や仮想通貨の権力闘争をしているというのが今の現状と言えます。

秘密結社「イルミナティー」は一つだけでなない

関暁夫さんが「イルミナティー」と言っている組織は実は一つだけではありません。

関暁夫さんが言っている組織は「サバタイ・イルミナティー」という組織の方です。(僕の考えではですが)

世界の裏情報に詳しいジャーナリスト、ベンジャミン・フルフォードさんは「サバタイ・イルミナティー」の事を「P2フリーメイソン」とか「カザールマフィア」等の呼び方をします。

そしてこの「サバタイ・イルミナティー」が世界人口を5億人に減らして国民を奴隷化する計画の新世界秩序(ニューワールドオーダー)という計画をずっと進めてきたんですね。

そして「サバタイ・イルミナティー」に対抗する超権力組織「グノーシス・イルミナティー」という組織が存在します。

「グノーシス・イルミナティー」はサバタイ派を倒して世界平和を目指している秘密組織であるとジャーナリストのベンジャミン・フルフォードさんが言っております。

なので、関暁夫さんが言うように必ずしも「超監視社会」になるとも限りません。

現状はサバタイ派は力を弱めているのが現状です。

何か月か前に「デービッド・ロックフェラー(サバタイ派側)」が心不全で亡くなったと表向きは報道されていますが、実情は違うようなんです。

本当は暗殺されたとの事。

もちろんそれが本当なのかはわかりませんが、あり得る話です。

暗殺されたのであれば、それは恐らく「グノーシス・イルミナティー」側によるもの。

そして超金持ち投資家「ジョージソロス(サバタイ派側)」もすでにこの世にはいないという話もあります。

こんな風に裏では確実にこの二つの超権力組織による闘争が続いているので、この2つのどちらが勝つかによって世界の進む道は大きく変わります。

ですがもし、「グノーシス・イルミナティーも実は世界支配をもくろんでいる」という事であれば、もうどうしようもないです。

お手上げやね。

ちなみに「バーバリアン・イルミナティー」というのもいます。

正直ここら辺の違いがよく分からないです(苦笑)

人類滅亡を招く禁断の実験について(おまけ)

今回「人類滅亡を招く禁断の実験」という事でCERN(セルン)が取り上げられていましたが、それが「LHC(ラージハドロンコライダー)」と言いまして「素粒子加速器」の事を指します。

これは以前「リニアコライダーって危険じゃないのか?」でも書いていますが、危険な代物なんですよ。

で、人工的に作ったブラックホールに地球が丸ごと飲み込まれる危険があると言っていますね。

それが実はマジな話で、実験をしていた「CERN(セルン)」上空の雲が渦を巻いて空間に飲み込まれていく映像がユーチューブの動画でアップされていたのを観たことがあります。(AFP通信は「地球は消滅しない」とか報じていますが)

空間に飲み込まれていくと言っても時空の裂け目が見えるとかではなく、ただ単に「雲が渦を巻いて飲み込まれていく」だけの映像です。

そんな危険なものを日本の岩手県に作って実験しようという計画が進んでいるのをご存じでしょうか?

現時点でどの程度計画が進んでいるのかわかりませんが、怖いですよね・・・

それが「リニアコライダー」というやつ。

マジでやめてほしい。

最後に

僕たちの運命は全て裏にいる超権力者に握られているので、どうなるかはその人達次第。

祈るしかないよね・・・

信じるか信じないかは、あなた次第。

 合わせてどうぞ

都市伝説関暁夫さんはフリーメイソンの広告塔になったのだろうか?

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 支配, 陰謀系 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ