自動ブレーキが後付け可能急発進の対策に!

   

はいどうも!

今日、車の点検のためにディーラーに行ったら今後「自動ブレーキシステムが義務化される」と聞いてビックリしたオッサンの僕です。

マジか!?と耳を疑いましたが、本当なのね・・・

僕は知らなかったのですが、テレビでもその事を報道してた模様。

僕はテレビも新聞もあまりみない。

この習慣を少し改める必要がありそうです。

で、自動ブレーキシステムが義務化された時その事を知らないままブレーキシステム導入していなかった場合、警察に捕まったらもちろん違反切符を切られますので、注意が必要です。

その事で今後日本車には自動ブレーキが標準装備されていく模様です。(2020年には全車種標準装備)

その理由は皆さんも察しが付くかと思いますが、最近はブレーキとアクセルの踏み間違いによる事故が非常に多くなっているからです。

日本だけに限らず海外でも。

その多くが高齢者。(若者や中年層でもいますが)

そこで政府が対策に乗り出したというわけ。

それでは、みんな自動ブレーキシステムが標準装備された自動車に乗り換えないといけなくなるのか!?と言えば・・・

どうでしょう?

スポンサーリンク

 自動ブレーキが後付け可能!?車の急発進の対策に!

結論を先に書きますが、自動ブレーキシステムの後付けの製品はまだありませんが、「急発進防止装置」の後付けは現段階でできるようです。

金額としては安いやつは約4万円程。

上の「ペダルの見張り番」という商品が後付けできる言わば「急発進抑防止装置」です。

動画でも言っている通り、これを取り付ける事により、低速(10km未満)や停車時の急発進を防止してくれます。

これは後方に発進する時のみに機能が働くわけではなく、前方に発進する場合も機能するようです。

ただ「自動ブレーキシステム」が義務化された時、「急発進防止装置」の後付けで法的に通るのかは今のところわかりません。

ですが、高齢者の方は取り付けておいても損はないかと思います。

事故を起こして保険料が上がるよりはずっといいですからね。

最後に

この装置を取り付けたとしても過信してはいけないかなと思います。

結局のところ、時速10kmを越えたらこの装置が機能しないわけですから。

一番いいのは自動ブレーキシステムの後付けの装置が発売されるが一番いいですけどね。

もし自動ブレーキシステムを導入できたとしても、事故が起きる可能性は十分にありますけど。

車がスリップした場合とか。

そこまで想定したシステムであれば最高なんですけどね。

不安な方は事故の対策として導入を検討されてみてもいいかもしれません。

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 電気製品レビュー , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ