コーヒーは体にいいのだろうか?健康に保てる説

コーヒーは体にいいのだろうか?健康に保てる説

はいどうも!

「コーヒーは体にいい!」とか「飲みすぎると危険!」とか人によって「体にいい派」と「体に悪い派」に説が分かれていますが、個人的にはコーヒーは体に悪いと思っているオッサンの僕です。

僕は最近までコーヒーを毎日のように飲んでいましたが、休みの日以外は飲むのをやめました。

なぜかって言ったら、最初に書いた通りコーヒーは体に悪いと思っているからです。

ま、いい面もあるのは認めるけどね。(コーヒーは健康を保てる説あるし)

という事で、コーヒーの良い面と悪い面を書いてみたいと思います。

コーヒーの良い面と悪い面

良い面

良い面を言えば、「便秘改善に効果的!僕が試した5つの方法」でも書きましたが、僕にとってコーヒーは便秘解消にうってつけでした。

僕は昔からなかなかの便秘症で、お腹が痛くなる事なんてしょっちゅうで、数年前には便秘のせいで「いぼ痔」を発症してしまいました。(汚い話ですみません)

で、コーヒーで便秘解消できたのは良かったのですが、毎日コーヒーを飲むとお金がかかるという理由から1日1杯までにしていました。

話は変わって、ある時気づいたのですが、コーヒーを飲むと気分が高揚するんですよね。

これまでは全然気づかなかったのですが、コーヒーを飲んでから30分くらい経過したくらいからだんだんと気分がのってくるんですよ。

ある程度年を重ねるとわかるかと思いますが、なかなか気分が高揚しなくなってくるじゃないですか?

本当にうれしい事や楽しい事が無い限りは。(人によってまちまちだと思いますが)

それが調子良くて仕事もはかどるというもんですよ。

ですが、良い面もあれば悪い面もあります。

悪い面

先程はコーヒーは便秘に効くと書きましたが、毎日飲んでいるとだんだんと同じ量では効果が薄くなってくるんですよ。

だから飲む量を増やすわけ。

そうこうしているうちに一日の飲む量が増えていってお金もかさむわけ。

しかも胃の調子もだんだん悪くなってくるし、睡眠不足で飲むと気持ち悪くなる時もあるし、気分の高揚のリミットがぶっ壊れておかしくなって頭の中が炎上を起こすわけ。

そして、仕事が終わるころにはぐったり・・・・

家に帰るとコーヒーのいろんな副作用が一気に襲ってくるわけ。

これの繰り返し。

あと僕は若い頃から軽度の不眠症なので、コーヒーの効果てき面で眠れなくなったりします。

最近はね。

だから最近平日は飲んでないです。

僕にとっては合わないのかもしれない

最初にも書きましたが、僕にとってコーヒーは「体に悪い」という結論に達しています。

「いろいろな事が重なって悪い面が出たんじゃないの?」とか「そもそもコーヒー飲みすぎたんじゃないの?」とか言われれば言い訳ができないのですが、でもさ・・・

いくらコーヒー飲んでも何ともない人っているじゃない?

そういう人と比べるとやはり僕は合わないのかなと思います。

だから今では週末のみ1杯だけ飲む事にしています。(飲まない時もあるけど)

最後に

多分僕にとってのコーヒーは、いい面もあるけど悪影響の方が大きいのであまり飲まない方がいいんだと思います。

テレビでは「コーヒーは健康にいい」とか「長生きできる」とか「がんに効く」とか言われたりしますけど、それもその時その時で研究結果が変わってきたりしますので、何が正しいのかはわからないというのが本当のところかなと思います。

それでは。

健康カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ