政治家はなぜ嘘ばかりつくのか?理由を書いてみる

      2017/08/15

はいどうも!

日本の政治家も大手マスコミも嘘つきな詐欺師だと思っているオッサンの僕です。

と言いますか、政治家を信じている人の方が少ないかもね。

もしあなたが政治家や大手マスコミを信じているなら、一度冷静になって、どれだけ嘘を振り撒いているかいろんな本を読んでみる事をおすすめします。

ま、この記事を読む人は政治家やマスコミが嘘つきである事をわかっているか、疑っているからここにたどり着いたのですから、その必要もないかもしれませんね。

誰であれ、読んだ方がいいですけどね。

さて、今回はちょっと日本のタブーにでも触れてみたいと思います。

ただ、厳密な名前は伏せます。

僕も怖いので "(-""-)"

スポンサーリンク

政治家はなぜ嘘ばかりつくのか?その理由

皆さんは、政治家は日本を良くしようとしていると思いますか?

口では「日本を良くするために!」とかよく聞く言葉ですが、今の現状を見てみてどのようにあなたの目に映っていますか?

デフレは抜け出せないし、日本の人口は減っていくし、増税はするし・・・等々で、どんどん日本の景気は悪くなる一方です。

それでも政治家は景気回復の一手が打てないでいる・・・。

いや・・・

厳密に言えば、日本を好景気にしようとなんて思ってはいない。

さあ~なぜでしょう?

少し歴史を振り返ってみることにしましょう。

明治時代

歴史を振り返ってみると、明治時代に決定的な出来事がありました。

それが無ければ今の日本はこんな現状にはなっていなかったのではないかと思います。

その出来事とは・・・・

最下層階級のクーデター」です。

エタ」と聞くとわかるかもしれませんが、人間扱いされない階級です。

そのエタの階級の人たちによるクーデターが起こりました。

ちなみにその「エタ」は朝鮮人だったという説があり、僕はその説を信じています。

ここまで書いてしまうともうこの先が読めてしまう方もおられるかもしれませんが、そう・・・

このエタの階級の朝鮮人がまさに今の今まで、尾を引いているというのが今の現状です。

このクーデターが朝鮮人による○○のすげ替え(ここは穴埋めにします、すみません)、今の日本の代々の首相(全員ではありませんが、ほぼほぼ)や多くの政治家が朝鮮系の人たちに牛耳られているというのが今の日本の現状です。

そりゃ~恨みたっぷりの日本人なんてどうでもいいですよ。

先程も書きましたが、明治時代からこの日本の向かう道は変わったんです。(と、今の所は勝手に推測しています)

以前は朝鮮人が最下層でしたが、今ではこの日本国民が最下層になろうとしている、いや・・・

最下層に変えられようとしているというのが今の日本の現状です。

政治家がみんな朝鮮系ではありませんが、重要な地位についている人たちは朝鮮系と考えていいと思います。

マスコミもね。

芸能人だって多いでしょ?朝鮮系。あと韓国系もね。

現実はそんなもんです。

これを知れば、日本が良くならない理由がわかるでしょ?

最後に

これを読んで信じられない方も多いかもしれませんが、それは仕方のない事です。

僕たちは嘘を教えられて育ったのですから。

今さらこれが真実なんて言われても、信じられないのは当然と言えば当然です。

なので安心してください、北朝鮮は日本を攻撃なんてしませんよ。

恐らくね。

とは言え、アメリカが北朝鮮と戦争になった場合は、日本も自衛隊が参戦することになると思いますので、その場合は・・・

狙われる事になるんじゃないかと・・・。

それでは。

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 支配, 陰謀系 , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ