頑張る事に疲れたなら不真面目に生きるんだ!あなたは良くやったよ

頑張る事に疲れたなら不真面目に生きるんだ!あなたは良くやったよ

はいどうも!

僕の周りには「生き生きとした人が少ない」と思う今日この頃のオッサンの僕です。

いつからこうなったのか・・・。

僕も含め、僕の周りの人が生きてて楽しそうな人がいないんです。

なぜだろう?

常識通り結婚している人も、結婚していない人も何か疲れている。

結婚している人の場合は、嫁さんと一緒にいるのがしんどいとか、子供の世話で疲れ果てているとか、いろいろと理由はあるようですが、結局は「一般常識に沿った生き方は正しいのか?僕には疑問でしかない」という記事でも書いたように、常識通りに生きた所で自分に合った生き方でなければ遅かれ早かれ、現実が自分に重くのしかかってきます。

結婚していない人は結婚に焦って婚活ざんまいの人や、仕事のせいで疲れた顔をしている人など様々です。

そんな事を客観的にみている僕も、もちろん疲れ切っています。

いつからこうなってしまったのか・・・

僕の場合は理由がはっきりしていて「生きる事は地獄だろうか?この世は疲れる事ばかり」でも書きましたが、不眠症に陥っていつの間にか何もかもがつまらなくなってしまった事です。

これを僕は自己診断ではありますが「うつ」だと思っています。

よく真面目の方がうつ病になりやすいなんて言われますが、もしかしたら僕がその典型の可能性があります。

ま、僕の場合は不眠症が一番の原因でしょうが、クソ真面目と言うのも原因の一つかもしれません。(自分で言うのもなんですが、僕は真面目の部類だと思います)

だからこそ自分を責めました。

俺、何やってんだよ!気合で何とか治せや!!」と心の中で叫んでいた時期がありました。

自分で言うのもなんですが、僕は結構努力家で、本気で、やろうと思った事はとことんやってきました。

もちろん嫌になる事もしばしば、それでも自分に厳しくして「いいから頑張れや!」と自分の心の中で叫びながらやっていましたが、ある時何も手につかなくなるといった事が起こりました。

それでも何とか気合で頑張ろうと思いましたが、無理でした。

だから僕は思いました。

もっと不真面目に生きよう」と。

 頑張る事に疲れたなら不真面目に生きるんだ

そもそも頑張るって何?結果を出すって何?

日本人の常識では「頑張る事は素晴らしい」とか意味わかんね~事が、常識としてまかり通ってるじゃないですか?

で、頑張りすぎて心が病んでいる人が多いのに、それでも頑張る事は素晴らしいというトンデモ常識がいつまで経っても消えていかないという不思議。

そこまで日本人を追い込んで何が楽しいの?

いや、追い込んでいると言った意識はないでしょうが、そもそも昔と今では考え方も状況も違う。

いくら頑張ったって報われる保証もないし、同じ会社で働いていたって一生安泰でもない。

そんな希望の無い時代に、頑張れっていったって何を頑張れば言いわけ?

もうそんな事を言われるのも飽きたわ。

だから、頑張る事に疲れた人は不真面目に生きるべきだと思うんだ。

これまで自分なりに必死に生きてきたんでしょう?

もういいじゃないですか、頑張んなくたって。

ほどほどでいいじゃないですか。

あなたは良くやっていると思います。

人それぞれできる許容量というのは違うんですよ。

みんながみんな世の中の成功者のようにはいかないんです。

だからいいんです。

もうやめましょう、自分を痛めつけるのは。

だから不真面目に生きましょう。

真面目さが欠けるくらいで丁度いい。

もっと自分を愛してあげましょう。

自分の悪いところばかりを見てしまうから、自分を傷つけてしまうんです。

自分をもっと肯定してあげましょう。

最後に

サブタイトルつけた所からなんか歌の歌詞みたいな感じになってしまいましたが・・・

もっと不真面目に生きる事を心がけましょう。

時間を無駄にしているという考えも無駄だと思います。

何もしていない時間も、不真面目に生きている時間も、何をしている時間でも有益な時間です。

無駄な時間なんてあるわけがありません。

今の自分を受け入れましょう。

それでは。

生きる事カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ