脳にマイクロチップを埋め込んだらどんな世界だろ?ヒントはホロレンズにあるかも?

脳にマイクロチップを埋め込んだらどんな世界だろ?ヒントはホロレンズにあるかも?

はいどうも!

脳にマイクロチップを埋め込んだ世界がどうなるか怖いけど、どんな世界になるのか気になるオッサンの僕です。

以前「脳に埋め込むマイクロチップ登場!人間が操作される時代に突入?」で怖い事を書きましたが、もしマイクロチップを埋め込んだら実際にどんな世界になるのか?が気になりますよね。

で、そのヒントになりそうなものをマイクロソフト社がすでに発売していたので、その一例として取り上げてみたいと思います。

 

ホロレンズ

(amazon画像)

こちらがマイクロソフトが発売した「ホロレンズ」というやつです。

ホロレンズとは?

そもそもホロレンズとはどういったものなのかと言いますと、よく近未来のSF映画で出てきたりしますが、現実の空間には実物が無いのにテレビとかが映像で見れるというやつです。

これを「拡張現実(AR)」なんて言われるのですが、一時期流行ったスマホアプリ「ポケモンゴー」もまさに「拡張現実(AR)」です。

そういった現実世界と仮想現実の世界を重ね合わせる事ができるのがこの「ホロレンズ」です。

ちなみに「google glass」も同じ「拡張現実(AR)」です。

2017/7/11追記

色々調べてみたら、ホロレンズは「MR」かもしれません・・・

いまいち「AR」と「MR」の違いがわからない(苦笑)

 (amazon画像)

これが「google glass」です。

デザイン的にはこちらの方がスタイリッシュですが、機能的にはホログラフの方が凄いように思います。

下の動画がホロレンズの紹介動画です。

どうです?

近未来の映画な感じでしょ?

このホロレンズでは視覚と聴覚にしか影響を与えないので、没入感の程はそこまで高くないのではないかと思いますが、脳にマイクロチップを埋め込んだ世界の準備段階と言えるのかもしれません。

最終的には「臭覚」「触覚」にも影響を与えるようになって、「MR(複合現実)」に突入していって、最終的には映画「マトリックス」のような「SR(代替現実)」の世界に突入していくのかもしれませんし、もしかしたら、「MR(複合現実)」が最終地点かもしれません。

何か・・・

「MR(複合現実)」とか「SR(代替現実)」とか頭がこんがらがる話なのですが、この2つの世界は現実と仮想現実の区別がつかなくなるのではないかと思います。

ちなみに「MR(複合現実)」と言うのは現実世界仮想世界が合わさった世界の事を言うのですが、主に仮想世界がメインとなった世界となっています。

次に「SR(代替現実)」は仮想現実現実世界に置き換わった世界です。

何かここまでくるとわけがわからない世界ですが、「SR(代替現実)」はマトリックスを見ればわかるように、実物の自分の体は全く動かさないので、食事等々はどうするんだろ?という疑問も生まれますが、今の段階では全く想像がつきませんね。

生命維持装置的なやつでもつけるのかな。

最後に

考えれば考えるほど迷宮入りしていきますが、脳にマイクロチップを埋め込んだら実物の体がいらなくなるような気がしますね。

「SR」の場合ですけど。

という事は・・・

「SR」の場合は、現実の世界では、脳だけを生き長らえさせるだけでいいという事になるのだろうか?

それとも、脳さえもいらなくなるのだろうか?

だめだ・・・

わからん。

陰謀系カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ