バイナリーオプションデモトレード体験レビュー

バイナリーオプションデモトレード体験レビュー

はい、どうも!

バイナリーオプションっていう投機は勝てない?」って記事を先日書きましたが、実際デモトレードをやってみて自分なりに分析をしてみたので「バイナリーオプションデモトレード体験レビュー」という事で書いてみたいと思います。

※完全にシロートの分析ですので、あらかじめご了ください。

 

ハイローオーストラリア

画像引用「ハイローオーストラリア

これが「ハイローオーストラアリア」のサイトです。

そして気合入れて「デモトレードやるぞ!!!」と思ってたら、どうやら口座開設いないとデモトレードすらできない模様・・・

「もしかして口座開設ってお金を振り込まないとできないんじゃ・・・」なんて思いながら、既定の入力を進めていくと・・・

「入れた!」という事で、さっそく「デモトレードやってやろうじゃないうか!」と意気込んで上にある「クイックデモ」というところをクリック。

すると・・・口座残高がいきなり「1,000,000円」ある・・・。

「何じゃこりゃ?いきなり金持ちになったやないかい!」それでは早速口座残高を引き出して豪遊と・・・ってできるかい!デモやし・・・

と、茶番はさておき、実際にデモトレードってみました。

トレードできる通貨は取引する時間というか方法によって増減する模様。

僕はとりあえず短い時間で手っ取り早く体験したかったので「30秒」でトレードしてみました。

右側にある「highかLow」の選択ボタンをクリックして「今すぐ購入」というボタンでトレード開始できるみたいです。

とりあえず「Low」でトレードしてみましたが、ま、敗北しましたね。

その後何度も何度もトレードするも、敗北の連続。

たまに勝利もありましたが、全然勝てません。

これで稼いでる人って凄いですね・・・(-“-)

ちなみに「デモトレード」と言ってもリアルタイムの為替相場で取引ですからね。

ただお金をかけていないだけで本物のバイナリーオプションのトレードを僕はやったわけです。

何だろう?この本当にやられた感は・・・

心の底から湧き上がってくるぜ!!ものすごい敗北感が・・・

という事で、その後僕なりに勉強してみました。

バイナリーオプションの立ち回り方

バイナリーオプションはとりあえず「テクニカルチャート」というものを使って分析するみたいですね。

僕が使ってみたのが「MT4」というやつです。

最初はわけがわかりませんでしたが、勉強していくうちに少しずつ分かってきました。

この「テクニカルチャート」というやつにはいろいろな平均値を線にして画面上に表示できまして、それを基に次の通貨の動きがこうなるという風に予想できるという寸法です。

「テクニカルチャート」というのはあくまで予想でしかなく「テクニカルチャートがこの動きをしているから絶対にこう来る!」というものではないので、立ち回りはそんなに簡単なものではないという事がわかりました。

相場は生き物みたいなものですからね、人間が取引しているいじょうは。

ただ一つわかった事として、高い確率で読み通りになる相場もあるのは確かで、(厳密に言えば読みやすい相場)その読み通りになる相場のみでトレードしていけば勝率は飛躍的にアップするという事がわかりました。

実際にデモトレードで実証済みです。

なので、読めない相場の時は一日待っても取引チャンスが来ない日もあるのではないのかと思います。

とは言え、僕はバイナリーオプションを勉強してまだちょっとしかたっていないので、バイナリー上級者からすれば「チャンスが無い日はない」のかもしれません。

わかりませんが。

ま、「熱くなったら負け」ということですね。

結論

熱くなるかならないかがこの取引における「勝敗の分かれ目」と言えます。

「焦らず」「驕らず」しっかりとチャンスを待てる方だけが取引の勝者になれると確信しましたが、恐らくこれができない方が大半で、結局は負けてしまうというのがこの取引の怖いところだと思います。

僕も実際にやってみたら勝ち続けらるのだろうか・・・”(-“”-)”

考えるだけでも怖いです。

ただ、可能性を感じたのも事実で小遣い程度稼ぐのはありだとは思ったので、バイナリーの知識をもっと深めてみようと思います。

それでいけるという確信が持てたなら参入してみるかもしれません。

わかりませんが。

ですが、もし人工知能に(人間の知能を完全に上回ったとき)自動取引を任せれるようになったらいずれ、このバイナリー取引は成立しなくなる可能性も感じました。

とは言え、為替取引自体も人工知能に(人間の知能を上回ったとき)よる自動取引が当然のようになれば人工知能VS人工知能という構図が生まれて、より知能の高い高性能の人工知能を導入した者の勝ちという状況になりそうな気がします。

それでは。

バイナリーオプションカテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ