常識って何のためにあるの?おかしいと思える事ばかりな件

常識って何のためにあるの?おかしいと思える事ばかりな件

a0002_009324はいどうも!

子供の頃なんかだと特に常識に疑問をもつ人は圧倒的多数ではないでしょうか?もちろん僕の子供の頃もそうでしたし、今でも疑問をもつ部分が多いです。

という事で、今回は常識に関する疑問を僕なりに考えてみたいと思います。

 

常識

住んでる地域によっても変わってきますが、常識と言えば世間一般で言われている共通認識ですね。

人間の世界でも動物の世界でも(動物の世界は実際どうなのかよくわかりませんが)常識は存在していますが、僕たちはできるだけこの一般常識に沿って又は、合わせて生きています。

でなければ周りからは冷たい視線で見られますし、世間からは受け入れられづらいという現実があるので、だいたいの方は自分の本心を出来るだけ隠して、いい顔を振りまきながら生きざるを得ないという、常に人の目ばかりを気にしなければいけない息のつまる人生を送らなければいけない人が大半なわけです。

だからと言って世の中の秩序の部分で言えば、常識が素晴らしい力を発揮するといういい側面もありますが、逆に負の部分を発揮することもあります。

負の部分で言えば、会社の中の常識(慣例と言った方が正しいかもしれませんが)というものってどこにでもあると思いいますが、例えば「サービス残業が当たり前」とか「有給休暇が取れない」とか「残業がでない」等々あげればたくさんありますが、こんな風におかしいと思う事ってたくさんあるわけです。

ですが、誰もその事に言及しない・・・いや、できない。

勇気のある人または無謀な人は意見する事もあると思いますが、言えば会社をクビにされる危険もありますし、周りの従業員からは仲間はずれにされるという危険性もあります。

ちなみに僕の若い頃は無謀だったので、おかしい事はおかしいという事を言っていましたが(今でも我慢ならない時は意見しますが)、立場的にまずい立場に立たされたこともありますし、環境が良くなったこともあります。

気持ちはわかるのですが、自分の立場ばかり気にして意見しない人が多いから会社または世間に、大きく言うと世界にいいように扱われるんです。

そこが常識の怖いところでもあり、危険なところでもあると思うんですね。

明らかに筋の通らないことを意見することは単なるエゴでしかありませんのでいいことだとは思いませんが、明らかにおかしいと思う事はどんどん意見するようにしなければ今の現状は全く改善しません。

これからは「おかしい事があれば意見する」という事を常識にすることができれば、会社等は僕たちをいいように扱えなくなるので好転するのではないかと思います。

もちろん今の現状に満足している人は別です。

メディア

僕はいつも思うのですが、メディアっていくらでも情報操作できるじゃないですか?

と言いますか、メディアって年中情報操作してるじゃないですか?日本のメディアを信じきっている方は気づかないかもしれませんが・・・。

なので、政治家とか企業等にとって有利になるようにいくらでもおかしい事でも、さも常識であるかのように情報をふりまく事が簡単にできるわけです。

そういう意味で言うとメディアっていうのは、いつでも常識を変えることができるという側面をもっていて、口は悪いですがいくらでも一般大衆を洗脳することができるんですね。

そうやって常識を作りたい側がメディアという媒体を使って常識を広めていく。

今回の参院選でもメディアはかなり自民党に有利になるように宣伝してましたね。うざいくらいに。

まとめると・・・

常識っていうのは、「僕たちをいいように操るためのツール!」という事になります。

もちろんいいと思える常識もあるので、一概には言えませんけどね。

これは昔から頭のいい人が誰にもが気づかれないように、うまい事常識を作っては変え作っては変えを繰り返して、それが現代でもなお続いているという感じだと思います。

常識カテゴリの最新記事

ツールバーへスキップ