生きる事は地獄だろうか?この世は疲れる事ばかり

   

はい、どうも!

絶賛生き地獄を味わい中のオッサンの僕です。

正直申して僕はあまり生への執着はありません。

それでもブログを書き続けるのは、自分を何とか奮い立たせなくては!という自分への反抗と、何とか自分の精神を保つ為です。

なんで生への執着がないか?と言えば、生きる事がつまんないからです。

若い頃も少しは生きる意味を考えていましたが、最近は特に、無駄に、考えます。

それでも、何で生きているのかと言いますと、親より先に死んだら親がかわいそうだから。

その一点です。

他には特に生きる理由はありません。

ま、宇宙人に合ってみたいというのは思いますけど、会えなかったら会えなかったで別にいいかなと。

あと趣味もありますけど、これもやらなかったらやらなかったでいいですね。

なので、親がもし亡くなったら本当に生きる理由は無くなりますね。

スポンサーリンク

恐らく僕は鬱だ

鬱への道まっしぐら(地獄へ突入)

ここで僕の暗い昔話をします。

あれは・・・

初めて勤めた会社から始まりました。

その会社は、日勤と夜勤の2交代制で、初めての夜勤を終えた後の事です。

食後、少しくつろいで少し眠くなったので眠ろうと思ったら眠れないんです。

その会社に勤めるまでは、朝まで起きる事はなく、完全な朝方人間でした。(いつも早寝早起き)

それが、初めての夜勤後、全然寝付けないという初めての体験。

その時は無理やり眠ろうとして何とか眠れたのですが、5時間くらいで目が覚めてしまいました。

これまでは最低でも7時間位しないと目が覚めなかったのに・・・。

5時間で目が覚めるなんて初めての経験で、眠いし気持ち悪いしで気分は最悪。

そして2度寝もできないときたもんだ。

その当時から夜勤をすると生活リズムが崩れて不眠症に陥る事があるなんて事は聞いていましたが、まさか自分がそうなるとは思ってもみませんでした。

まさにそこからが不眠症との戦いが始まりました。

不眠症と言っても全く眠れないというわけではなく、毎日最低でも5時間くらいは眠れていました。

5時間じゃ気分は最悪ですけどね。

最悪の場合は、一睡もできないなんて事もたまにありました。

日によっては7~8時間程眠れる時もありましたが、なぜか寝起きがすっきりしません。

会社で夜勤をする以前は寝起きはスッキリでした。

そして時間が進むにつれて、睡眠の質が徐々に低下していって、たまに安定剤を飲むようになっていました。

今では年に1回~2回位は精神科で安定剤を処方してもらっています。

そこからは下り坂ですよ。

不眠症になってからその会社は数年程で辞めましたが、不眠症は全然よくなりませんでした。

確実に悪くなる一方です。

そして、20代前半辺りから感じていた事なんですけれども、恐らく僕は「鬱病」と言ってもいいような状態なんですね。

そうはっきり自覚したのは、20代前半にある手術をしてからの話で、手術してからというもの、何をやってもつまらないんです。

無理して友達の前では楽しそうな自分を演じたりはしてましたけど、何事にもどこか他人事のように思えてしまって、あまり心が動きませんでした。

はっきり申してこれは地獄のようにしか思えませんでしたね。

それが未だに続いていますし、年を追うごとに心が確実に死んでいっています。

友達に「俺、鬱になったぽい」って行った事があるのですが、「自分で自覚してるのは鬱じゃないよ」と言われました。

友達も気を使ってそう言ったのか、本当にそう思って言ったのか実際の所はわかりませんが、多分僕は鬱である思っています。

別に医者に鬱と診断されたわけではありませんけどね。

そんなこんなで今に至るわけです。

恋愛とか結婚に億劫

さて、僕にとって生きる事が地獄である理由を書いてみましたが、どうでしたでしょうか?

僕が過去に書いた結婚について書いた記事がいくつかあったのですが、だいたいが否定的な内容になっているのはこの不眠症も関係しています。

不眠症になるとわかるのですが、前向きになれないんですよ。

ま、もともと常識と言うものに嫌悪感を抱いて育ったので、世間体の結婚には基本反対派です。

だからと言って、世間体でもいいから結婚したいという方を止める気はありませんけどね。

幸せになるかならないかはその人次第ですから。

恋愛に関しても、億劫になります。

ま、僕は元々不細工なモテないオッサンですから、彼女を作るチャンスなんてあまりありませんが、それでもいい雰囲気になる時はあります。

ですが、僕はその時の思考回路がいつも同じ決断を下します。

「付き合ったら時間と金が無駄になる」という感じにね。

「モテないくせになに生意気言ってんだ!」とか言われそうですが、僕もいい年ですから生きる時間が限られています。

僕の最近の生きている間の目標は「自分勝手に生きる事」です。

自分勝手に生きる

自分勝手に生きると言うと語弊があるかもしれませんが、自由な生き方をするという事です。

今僕は会社で働いていますので、自由とは程遠い環境なわけです。

どうすれば自由に一歩近づくか?と考えた時に自分の力で稼ぐというのが頭に浮かびました。

つまり、独立です。

やはり会社に所属していると自分のやりたくない事ばかりやらなくてはいけないし、同僚に気も使わなくてはいけないので、疲れる事ばかりです。

なので、少しでも自分のやりたいことをやって稼ぐことが自分勝手に生きる事に繋がるかと思いまして、少しずつではありますが、このように収益化したブログを書いてみたり、他のジャンルにも挑戦してみたり。

正直まだ小遣い程度しか稼げていませんが、サイト運営を始めたばかりの頃よりは見てくれる方も少しは増えたので、心があまり動かない僕でも喜びは感じます。

その他のジャンルのではまだ全然稼げていないのですが、いずれは結果を出せるように勉強しながら行動には移しています。

そして「絶対に独立してやる」という風に自分を奮い立たせながら何とか生きています。

もちろん独立が成功したとしても苦労はするでしょうが、自分がしたくない事で生きていくよりはよっぽどマシだと思います。

行動に移す

皆さんはこの世で生きる事に疲れていませんか?

僕は疲れる事を通り越して生きる事に飽きましたが、何とか生きています。

日本は平和なんて言われますが、何でこんなにも日本人はは疲れきっていて、生きる事がこんなにも辛いのか・・・。

その理由は簡単で、楽しくもない仕事を続けている上に、働けど働けど収入が上がらないから。

なぜ収入が上がらないと思います?

それは・・・

搾取されているからです。

「搾取されている!」なんて書くと「陰謀論だ!」なんて言われて「陰謀論=嘘」という思考が働いて、情報をブロックしてしまう方が多いです。

もし陰謀論が本当だったらどうするんですか?

なぜ真実を確かめようと本を読んだり、いろんな経済ジャーナリストの話を聞くなりして精査しようとしないんですか?

調べてみると信憑性が高い陰謀論って結構あるんですよ。

なので、もっと視野を広げて世界を見渡してみる事をオススメします。

そしてこの世の中を生きやすい世の中に変えるべく、たくさんの情報を仕入れてどうすべきかを一度じっくり考えてみましょう。

何かいきなりスケールのでかい話になってしまいましたが、僕が言いたかった事は、疲れる世の中から脱却するためには自分が行動するしか方法はないという事が言いたかったんです。

奇跡は起こるものではありません、起こすものです。

それでは。

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 生きる事 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ