会社の飲み会に行きたくない!飲み会を開く理由を考えてみ?

   

はいどうも!

会社の飲み会に100%出席しないオッサンの僕です。

今回は「会社の飲み会に行きたくない!飲み会を開く理由を考えてみ?」と言う感じで書いて行ってみようと思います。

スポンサーリンク

飲み会に行きたくないなら行かなければいい

皆さんは会社の飲み会は好きですか?

僕は反吐が出るくらい嫌いです。

僕程ではないにしろ、「会社の飲み会に行きたくない!」という方は多いのではないでしょうか?

それでも出席しないと印象が悪くなるから無理してでも行くというのが、無理してでも行く方の考えですよね。

最初にも書きましたが、僕は100%会社の飲み会に行きません。

だからと言って、特に会社に行きづらくなるなんて事は全くありません。

なぜだと思います?

話は簡単で、僕が飲み会に誘われても言い訳するでもなく、申し訳なさそうにするでもなく、何事もなかったが如くに平然と行きません」と当然のように断るからです。

当然のように断ればいいんですよ。

だってそうでしょ?

行きたくないのになぜ飲み会に行く必要があるんですか?

出世が気になるというのなら行った方がいいかもしれませんが、自分の立場が・・・とか考えるのならなおさらいかない方がいいと思います。

なぜかって?

どこかでこの悪しき風習を止める必要があると僕は考えているからです。

この問題と戦うには、この飲み会というものを「悪しき風習」という思考に変えていく必要があります。

「戦う」という表現は大げさかもしれませんが、そのくらいの思考にしないといつまでたっても嫌な事から逃れる事はできませんので、「悪と戦う」くらいの意気込みで行く必要があると思います。

もしあなたが悪と戦うという思考にチェンジできたのなら、後は行動あるのみです。

行きません」その一言で終わりです。(人それぞれ言い方に違いはあれど)

それを毎回言えばいいんです。(毎回言えば誘われなくなります)

「毎回断っていたら申し訳ないからたまには参加するか・・・」

という考えも僕はあまりおすすめしません。

単に「飲み会に参加したくなった」と言うのなら話は別ですけどね。

どうです?簡単じゃないですか??

時間は有限である

若い方は考えないかしれませんが、時間は無限にあるわけではありません。

人は生まれればいつかは死ぬ。

ただでさえ仕事に多くの時間を費やしているのに、それ以上に会社の飲み会なんてあったら「頭をリフレッシュできないし」「無駄に金は飛ぶし」「ストレスたまるし」で、何もいい事はありません。

だったら空いた時間を自分の趣味とか家族と過ごすなどの時間に費やせたらどれだけ有意義な事か・・・。

会社が飲み会を開く理由

会社が飲み会を開く理由は「コミュニケーションをとって団結させるため」とか言われますが、経営者目線で言ったら違うでしょ?

会社で働く従業員と言うのはいわば金を稼ぐ兵隊なわけです。

その「金を稼ぐ兵隊」に兵隊同士の士気を高めたり団結させる為に飲み会を開くんですね。

言葉は悪いかもしれませんが、一種の洗脳的なものも含んでいると思いますよ。

従業員同士でコミュニケーションをとらせて、会社を辞めにくい感じにするとかね。

会社は利益を出していかなければ潰れてしまうだけですからね。

そりゃ~洗脳してでも稼がせますよ。

もう一度言います、従業員は単なる兵隊です。

いくらでも替えがききます。

ただ、あまりに会社を辞める人が多いと会社が回りませんし、新しく入った人を教育するのだって時間がかかります。

教育するのは無駄に経費がかかるだけですから、できるだけ入れ替わりが少ないように飲み会と言った手段を用いるんですね。

とは言え、僕らも給料をもらって働いているわけですから、会社と従業員で「WIN・WIN」の関係ではあるのであまり会社の悪口も言いたくないのですが、飲み会だけはいらないと思います。

仲のいい人達とか、必要と思う人達のみで集まればいいんじゃない?と思います。

まとめ

飲み会は「従業員同士のコミュニケーションの場」と言うよりも、従業員が頑張って金を運んでくる事と、会社を辞めないようにするためのツールだと思います。

これは僕の偏った考え方なので合わない方もいるかもしれませんが、会社ってそんなだと思います。

それでは。

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 悩み系 , , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ