反マクロンデモが報道された!グローバリスト側のマクロンなのに!!!

   

はいどうも!

フランス大統領選挙でルペンが選出される事を願っていたオッサンの僕です。

僕の願いとは裏腹に、マクロンが大統領に選出されてしまいました・・・。

これを知った時点でどうせ不正選挙でしょ?と思ったのですが、これを言うと「陰謀論者のたわごと」なんて事を言う方が多いのが今の現状なので、誰にも言いはしませんけどね。

なので、ブログでストレス発散というわけ。

その手口というのが・・・

フランスの大統領選挙の投票用紙が破れたりすると、その投票用紙が破棄されるという意味の分からない制度らしく、それを悪用してルペンに投票した投票用紙を破ったりなんかして、破棄させたという話があります。

さすがやね、グローバリスト側も必死なことでありますな。

スポンサーリンク

フランスでは反マクロンデモが起こっている

まさかヤフーニュースで、フランスで反マクロンデモが起こっている事が報道されるとは思っても見ませんでした。

なぜかと言いますと、これまでの流れからすると、グローバリスト側の「ロスチャイルド銀行出身のマクロン」に不利な報道がされること自体が考えられないからです。

アメリカ大統領選挙で反トランプデモの事が報道されたときの事を書くとわかりやすいのですが、これまではナショナリスト側に対しては不利な報道がされる事が当然でした。

これまでの一連の流れを見るとわかりやすくないですか?

イギリスのEU離脱の件でもそうです。

イギリスがEU離脱をすると、「イギリス経済が大打撃だ!」的な報道がされていましたよね。

毎日のように。

実情は真逆で、景気が良くなっているというのが本当のところです。

そりゃ~そうですよ。

EUって搾取するのが目的ですから。

いつも書きますが、メディアはグローバリスト側の「プロパガンダ機関」ですから、グローバリスト側に有利な報道がされることがこれまでの常でした。

それが・・・

反マクロンデモ・・・

マクロンが勝てばデモが起こる事は簡単に予想できた事ですが、ヤフーニュースが取り上げたんですよ!

どうでもいいですが、あの「朝日新聞」ですら取り上げてたみたいです。

この流れはやはり・・・

グローバリストの終焉はもうすぐそこなのではないか!?と期待せずにはいられないです。

最後に

やはり流れはナショナリズムに傾いているのかもしれない!!

よっしゃ!

このままグローバリストを倒してしまえ!!!

余談ですが、トランプがFBIコミー長官を解任させましたね。

コミー長官ってヒラリー側の人間でしたので、これもまたいいニュースです。

ベンジャミンさんの情報でトランプはサバタイ派に寝返ったと思っていたのですが、コミー長官を解任させた事でどういうことなのか余計何が何だかわからなくなってきました・・・

それでは。

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 支配, 陰謀系 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ