北朝鮮と戦争が起こる可能性はあるのか?その場合は核戦争か・・・

      2017/06/29

はいどうも!

ここ最近は北朝鮮による挑発が激しさを増して、トランプがいよいよ朝鮮戦争のゴーサインを出すのではないか!?

と、朝鮮戦争が起こる可能性を示唆する報道がネットやメディアで過熱しています。

もし朝鮮戦争が起これば核戦争に突入する可能性があるので、そうなれば僕たち人類は生きるか死ぬかのレッドラインを越える事になりえます。

つまり全面核戦争・・・。

ですが・・・

僕はこの報道が過熱するところに疑問符しかありません。

スポンサーリンク

メディアはプロパガンダ機関

僕は基本的にメディアは信用していません。

だって・・・

メディアってプロパガンダ機関ですもん。

簡単に言ってしまえば、メディアを牛耳っている「ハイパーリッチな金融屋さん」たちがただ単に「戦争を起こそうとしている」と考えるべきなんですね。

以前「第三次世界大戦が起こる理由は何?ニューワールドオーダー」でも書きましたが、世界に混沌を起こして「世界の完全統一」と「人類の完全支配」が目的なんですね。

これまでは「戦争屋」と「ライフラインを構築する」業者が手を組んで(軍産複合体)大規模な戦争ビジネスを展開してきましたが、今は状況が違います。

「第三次世界大戦」という世界支配の締めの段階に入ろうとしています。

トランプ大統領で世界はどう変わる?混沌か?平和か?」でも書きましたが、トランプが大統領になったという事は(最近サバタイ派に寝返ったぽいけど)裏にいる強力な権力者が入れ替わったという事なので、これまで幅をきかせてきた権力者は相当焦っているというのが実際のところ。

だからこそ早く第三次世界大戦を起こしたくてしょうがないんですね。

去年だって西側メディアでは「ロシアとアメリカの戦争突入か!?」と言った系統の報道が過熱していたのをご存じでしょうか?

結局なくなりましたけど。

メディアはいつもそうやって一般市民の心を誘導して「戦争が起きる事は仕方のない事」と思わせようとしているんですね。

なぜそんな事をするかと言えば・・・

自然な流れで戦争を起こしたいから。

嘘がばれてしまえば、国民も黙っていないからです。

強力な権力者であっても一般国民にバレるのは困るんですよ。

革命が起きてしまう可能性があるから。

だから国民の気持ちを誘導させる必要があるんです。

それでメディアは報道を過熱させるというわけです。

北朝鮮との全面核戦争は起こる可能性はあるのか?

絶対とは言えませんが、僕は起こらないと思います。

先ほども書きましたが、去年なんてロシアとアメリカとの戦争の可能性に対する報道が過熱していたというのに、今年は一転して北朝鮮との戦争に切り替わりました。(日本では報道されていませんでしたけど)

北朝鮮の場合は日本とモロに関係がある為に日本でも報道されていますが、いつもの「情報誘導」かなと静観しておりました。

無いとは思いますが、もし戦争に突入したとするならば「サバタイ派(超権力者達)」が戦争を強行したという事です。

そして、もし全面核戦争に突入した場合は「人類の9割が死に絶える」と言われているのをご存じでしょうか?

政府が核戦争のシミュレーションを何度やっても同じ結果になるみたいですよ。

だから裏では「核戦争は起こさない」という約束をしているみたいです。

そもそも北朝鮮と日本の関係って・・・

そこは書くのはやめておきます。

あまりに信じられないような話なので・・・。(未だに僕も信じられない、いや、本当は信じているけど)

政治家はなぜ嘘ばかりつくのか?理由を書いてみるに理由を書いています。

最後に

北朝鮮との全面核戦争は起きないとは思いますが、起きた場合は痛みなくこの世を去りたいですな。

それでは。

アドセンス1

スポンサーリンク

 - 世界大戦, 陰謀系 , , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
ツールバーへスキップ